ホリエモンの香港―マカオ・ルートを探る!!

昨年の後半、ある証券会社がマカオで数百億円規模のファンドを投資したが、その多くがライブドアやホリエモンの個人資産から出資された可能性があると東京地検特捜部はにらんでいた。また、その一方で、ライブドアは、スイス系金融機関の関連法人や証券会社を利用して秘密裏に自社株を売却して、そこで得た収入を粉飾資源とする資金還流システムを築き上げていた。
この自社株売却の仕組みづくりに協力していたのが、香港に人脈がある日本の投資顧問会社の社長やスイス系金融機関出身の日本人会社役員だった。ここでは、沖縄で変死した野口英昭・エイチ・エス証券副社長も深く関与していたという。どうも、ホリエモンは英語が殆ど話せなかったから、野口副社長やライブドアの前取締役・宮内亮治被告らに、そういった業務を丸投げしていたようだ。そういった流れの中で、
「スイス銀行など預金口座の存在が判明したため、ホリエモンによる不正蓄財の疑いが持たれていたんです。特捜部は、その部分を丹念に調べたが犯罪に結びつくような新たな事実は見つからなかったと言われます」。
何か、大騒ぎした割に見方によっては、特捜部の捜査が中途半端に終わってしまったとも思える。
もっとも、スイスというのは法律で金融機関の職員に厳しい守秘義務を課していて、スイス系金融機関というのは秘匿性が高い。そのため各国の富豪から資産が持ち込まれる。特捜部は、スイスにも捜査員を派遣したが、果たして口座が発見できたのかどうかが疑問となってくる。
いずれにしても、香港―マカオに何らかの鍵があると思い来てみたが…。正直に言って調べて分かるものでもない。せいぜい、マカオでのホリエモン目撃者探しが精一杯といったところか。ところが、夕べ紹介してもらった、マカオの全てを仕切るボスたちに聞いても「ホリエモンなんて知らない」
だから、これは、ちょっと拍子抜けというか情けない。
「もしかしたら、とんでもない話が出てきたりして…」
と思ったが、そんな魑魅魍魎とした賭けなんかに勝つはずない?

ホリエモン取材ばかりではない!! マカオで若者のエンタテインメントも視察する!

あるキッカケで、マカオを仕切っているビッグ・ボスを紹介してもらった。カフェバー、やショーパブ、クラブ、ディスコ等を多角経営している人や、夜の娯楽場やサウナなどを仕切っている人、さらにはマカオのカジノ産業を仕切っている人…、とにかく表なのか裏なのか分からないような人と知り合った(…というより、ある場所に続々と集まってきてしまって紹介されたって感じだろうか)。しかも
「この人たちと一緒にいたら、マカオは全てOKだよ。警察にも捕まらないし、怖いものなしだよ」
なんて、言われた。とにかく豪快なボスたちだった。それどころか、そのボスたちにマカオの若者スポットを案内されたのだ。ただ当然のことだが今回、その人たちの写真も名前も載せられないのは残念だが、僕は名刺を貰っておきながら、その場所に自分の名刺を持っていなかったために渡すことが出来なかった。しかし、手厚く対応してもらった。
「ナベさん、何で引いちゃってんのよ。ジャーナリストでしょ。聞きたいこと、いっぱいあるんじゃないの?せっかくのチャンスなんだし…」
なんて、後ろから容赦なくせっつく人がいたけど、そんなこと急に言われたって…。とにかく1人と喋っていたら、何人も話に加わってきそうで、怖ろしい。だが、ここはチャンスと、ホリエモンの記事の掲載されたスポーツ紙を見せて、
「この顔、見たことがあるか?」
と聞いてみた。
すると、ライブドアもホリエモンも知らなかった。彼らには、ホリエモンとかライブドアなんていう策士には全く興味がないのかもしれない。説明しても「あ、そう」って感じだった。もちろん、中には「テレビや新聞で見た」っていう人もいたが…。ただ、カジノのドンは「マカオのホテルにあるカラオケで見たことがある」と言っていたが…。
それにしても、行く先々で、いつもは飲まないワインをご馳走になって、乾杯!乾杯!の連続だった。結局、夜10時から周り出し、周り終わった時は朝方6時を過ぎていた。5日は、マカオの休日ということもあって、街中が活気に満ち溢れていた。

※写真=最初に行ったカフェバーは若者で一杯だった。
100124281.jpg

※写真=マカオでNO1のDJ、キャンシーラさん。100124291.jpg

※写真=マカオにある最大のディスコ&カラオケ
100124301.jpg

※写真=ディスコではバンドの生演奏でエキサイティングに盛り上がっていた。100124311.jpg

※ビッグ・ボスのボディーガードとも仲良くなった。マニラの鉄人?だという。肩のマッサージしてもらったら、握力があって気持ちよかった…。
100124321.jpg