Archive for 3月 29th, 2006

キチガイ社会部デスクが発狂!!「ライブドア問題が隅に追いやられようとしている!」

水曜日, 3月 29th, 2006

「渡辺さん、叶姉妹の写真集なんかでニヤケてる場合じゃないよ!」
とキチガイ・デスクから電話。
「何とかしないとシャレにならないよ!」。
フリー記者・西澤孝の偽メール事件での証人喚問や、朝日新聞社長のドラ息子の大麻所持、さらには偽装建築設計の姉歯の女房が飛び降り自殺、オウム真理教の麻原判決…。いろいろな出来事が起こり過ぎるから、肝心なニュースがどんどん隅に追いやられてしまっているってわけだ!
要は、ライブドアやホリエモンの問題のことである。黙っていたら、このまま風化されていってしまう可能性が大なのだ!したら、喜ぶのは武部勤、竹中平蔵といった売国議員や、ピーチ・ジョンの野口美佳、サイバーエージェントの藤田晋、USENの宇野康秀、さらには秋元康といった面々である。さすがに、この由々しき事態を察知したのか、某紙社会部の名物キチガイ・デスクは大発狂したってわけ!
「世の中、狂ってる!」
何と、言うに事欠いて、狂ってるのは世の中!と言い出したのだ。ま、それは確かに事実ではあるが、それにしても、キチガイがマトモなことを言うと妙に不思議な感じに陥るものだ。
それはともかく、キチガイが正論を言い出したことだけは確か。ライブドア問題をこのまま終結させるわけにはいかないだろう。
いま、続々とライブドア関連情報が集まっている。だが、問題は、その情報が偽情報であるかもしれないのだ。ま、永田さんを半面教師にしながらやらないと…。

叶美香のヘアーヌード写真集で発表会(3)

水曜日, 3月 29th, 2006

写真集「Sweet Goddess」を4月3日に出す叶美香。発表会では、叶恭子が美香を撮影しているシーンの撮影会も。
ところで、写真集を見たがヌード写真が少なかったか。ただ、おっぱいはサッカーボールというかメロンのようだった。ヘアーは手入れされ薄かった。最大の印象は乳首が小さかったことだろうか…。いずれにしても、胸は凄いの一言!ただ全体的には、 絵画的というか、デジタルっぽかった。しかし、恭子が「最初は美香のヌードの絵を書きたかった」というから納得した。
それにしても、写真集を見ているところの写真取材を受けて、感想を聞かれた。後で「何に使うの?」と聞いたら、TBSの「アッコにおまかせ!」だって。何に使うんだろう…。
10010036.jpg

叶美香のヘアーヌード写真集で発表会(2)

水曜日, 3月 29th, 2006

写真集「Sweet Goddess」を4月3日に出す叶美香。叶恭子が撮影した究極のヘアーヌード。20分近くの囲みインタビューの後、撮影会。写真集を見たが…。それは次回に。
10010035.jpg

叶美香のヘアーヌード写真集で発表会

水曜日, 3月 29th, 2006

写真集「Sweet Goddess」を4月3日に出す。叶恭子が撮影した究極のヘアーヌードだという。発表会の会場となった六本木のスタジオにはマスコミが殺到した。
10010034.jpg

ディルアングレイの米3都市ショーケース・ツアーが大盛況! 5月全米デビューに期待高まる!!

水曜日, 3月 29th, 2006

全米デビューを5月に控えたディルアングレイのショーケース・ツアーが異常な盛り上がりだったという。3月22日のニューヨーク公演は、ディルアングレイを一目見ようという現地のファンが前日から列をつくりパニックになったとか。何と、あのNY市警から異例の開場時間繰上げが要請されるほどだったというからスゴイ!現地主催者は思わ
ぬ異常人気に急きょ、警備員を倍増する対策をとったとか。ディルアングレイは米音楽業界に大きな波紋を巻き起こしたことになる。
今回のショーケース・ツアーは、5月に全米で発売するデビュー・アルバム「Withering to Death.」(日本では発売中)に合わせたもの。で、このショーケース・ツアーは文字通り、全米でデビューする新人アーティストの”登竜門”ともいうべきイベントだった。3月18日のオースティン(テキサス州)を皮切りにニューヨーク(22日)、ロサンゼルス(24日)の3都市で展開したという。
中でも、ニューヨーク公演は、業界関係の間で注目を集めているという「Club Avalon」で行なった。現地在住の音楽ライターの話では「公演の前日から入場の列が出来、会場周辺は混乱状態だった。公演が日本のロックバンドだという噂が音楽関係者の間に瞬く間に広がり、一瞬にして話題になった」とか。やはり、日本のバンドがN
Yでコンサートをやること自体、珍しかったに違いない。でも、宇多田ヒカル(Utada)でさえ盛り上がらなかったことを考えると、単純にすごいと思うのは僕が単なる芸能記者だからか?「公演日の午後、メンバーたちが会場入りする頃にはまさにファンの大群に完全包囲された状態で、事態を重く見たNY市警も異例の要請を出さずにはい
られない状態になった」(前出の音楽ライター)といい、主催者は開場時間を1時間も早めたという。
この人気は、24日(日本時間)のロサンゼルス公演にも飛び火した。実は、当初は1000人規模のライブハウス「アバロニ・ハリウッド」を予定していたというが、余りの人気に急きょ、約2500人が収容できる大ホール「ウィルターン シアター」に会場を変更する対策がとられたのだ。「チケットは発売開始から36時間で完売した」という。
もちろん会場では、前夜から会場前にファンが行列をつくった。現地の日本人記者に話を聞くと「ロスで人気のあるヘヴィ・ロック・バンドといえば、例えばKORNあたりが代表的だが、彼らのファンでも会場周辺をたむろするのは、開場の1時間前ぐらいになってから。今回のような光景は過去に見たことがない」とビックリしていた。
因みに、同会場ではこれまでローリング・ストーンズやポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、マリリン・マンソンなどがコンサートを行なっているという。新人――それもデビュー前の日本のバンドとしては異例のコンサートだったといえる。
因みに、日本ではソニー・ミュージックエンタテインメントと契約を結んでいるが、米国ではユニバーサルミュージック傘下のインディーズレーベルから発売される。

朝倉薫劇団のフレッシュ新人公演「サラダ嬢の透視画(ジオラマ)」を観に来てくれと言われたって…

水曜日, 3月 29th, 2006

赤坂見附の喫茶店で朝倉薫さんに会った。「誰?その人」と言われたら、売れない作家で朝倉薫劇団の主宰者というしかない。だいたい顔を見たって、何か競馬の予想屋風で怪しい(格好がワンパターン)。その…。ハッキリ言って超マイナー劇団に転落してしまった?朝倉薫の劇団の新人公演が、3月29日から4月2日まで新宿のシアタープラッツで行われるという。
「たまには観に来てよ!」
って言われたけど、ついつい
「あ、予定が入っちゃってるんだよね」
なんて反射的に言い返してしまった。
「今回は面白いんだよ」
と朝倉さん。
そー言われたって、今まで観たことないんだから分からないんだよね。そもそも「サラダ嬢の透視画」なんていうタイトルからして意味が分からないっつーの。しかも、新人公演だから、出演者を書いても分からないだろう(僕も知らないんだから…)。フレッシュってつければいいってもんでもない。だから書くのは割愛だぁ!
と言っても、出演者は新人ばかりではなかった。ベテラン劇団員もいた。要するに、朝倉薫劇団総動員だというのだ!しか~し、それにしたって知名度ゼロ。ただ、聞くところによるとチケットの売れ行きはいいらしい。これが不思議だ!「演劇の好きな人は十分楽しめるからね」と朝倉さん。ふ~ん、そんなものなのかぁ。
「だから一度来てみてよ!」 。
ここまで、朝倉さんが熱心に誘うなんていうことは実は、滅多にないこと。もしやホントに自信作なのかも…。だったら、一度ダマされたと思って、暇をみつけて冷やかしで観に行ってもいいかぁ。
そうそう、その朝倉さん。今度は東宝映画の原作・脚本を担当するらしい。もしや、メジャーになりつつあるか?仲良くしておかねば…(実は、これがホンネだったり)
(問)03-5330-5331
10010007.jpg