Archive for 2月 15th, 2006

ホリエモンを目指していたホストが御用!日本中のホリエモン病一掃へ

水曜日, 2月 15th, 2006

某スポーツ紙の狂犬デスクが激怒して連絡してきた。
「大阪でホリエモンを目指していたホストがついに逮捕されたよ!」
これはヤバイ!最悪の事態が起こってきた。全国で深く静かにホリエモンのビールスが巻き散っていたのだ。
「実は、そうなんだよ」
と狂犬デスク。
くだらないITの幻想を信じ切って奴、つまり、ホリエモン信者は、これから発病してくるのだ。だいたい、ホリエモンを目指していたなんて、それだけで彼の人生の崩壊は目に見えていた。逮捕されようと何であろうと、将来はなかっただろう。ま、哀れだとしか言いようがない。

電車男の山田孝之に隠し子

水曜日, 2月 15th, 2006

このネタは「フライデー」が追っていたが、スポニチは1年前にキャッチしていたそうな。ただ、その一方で「実は、女の方が周囲に喋りまくっていた」なんて情報も…。ま、自分でまいたタネだからなぁ。ただ、子供だから刈り取ることは出来ない(T_T)
「フライデー」は、加護ちゃんの喫煙事件が入ったことと、おそらく事務所との話し合いだろう、掲載を1週間遅らせていた。ただ、事務所は出来るだけ話題を広げないようにしたいはず。それなのに、スポーツ紙に書かせた裏側は?しかし、水曜に入れたのは納得できる。つまり、水曜に入れれば後追い出来る週刊誌というのは、実は締切の関係で「フライデー」の1誌だけだからだ。おそらくだが、今週の「フライデー」には、プラスαのネタが載っている可能性大だ。
それにしても、女性はファンだった可能性が大だ。今回、山田は結婚はしないものの女性に子供を産ませ、認知した。確かに責任をとったように思うが、産む産まないで大モメになったことは想像できる。しかし、ファンだったら「産んで一人でも育てる」となるはずだ。しかも、その時はどうであれ、山田の人気が上がれば上がるほど、独占欲が高まってくるというもの。「この子は山田孝之の子供なの…」と。でも、事実だから否定は出来ない。
全ては無責任の産物さ。結局は自分たちの都合としか言えない。「人のこと言えるか」だって?そんなもん、人のことだから言えるのだ(笑)
しかし、認知して養育費も払ってるんだから、女性も隠しておいてやってもよかったのに…。女を選べなかったのは、やはり山田の器というか、運命だろう。僕も注意しないと??