Archive for 2月 13th, 2006

松任谷由実の父親が死去

月曜日, 2月 13th, 2006

ユーミンこと松任谷由実の父親が亡くなった。詳細は未定だか、ユーミンは、いま苗場のコンサートの真っ最中。新曲も出たばかり。今週から「紅白」絡みの連載をやろうと思っていたが、こりゃ延期だ(T_T)

ライブドアの新体制崩壊へ。ライブドアのユダとの噂の熊谷も逮捕か?粉飾決算容疑

月曜日, 2月 13th, 2006

ホリエモンら容疑者4人とライブドア、ライブドアマーケティングの2社を証券取引法違反で起訴した。ホリエモンは「起訴するならすればいい」とふてぶてしい。「自分は何も知らなかった」と容疑を否認しているが、消しゴムやボールペン1本まで決済をチェックしていたホリエモンが何を言うのか?往生際が悪い。ま、東京地検特捜部は全容を掴んでいるはず。ここまで、反省の色を見せないと、裁判にも影響するはず。しかも、ここにきて、ライブドアのユダと思われていた新体制の代表取締役・熊谷も粉飾決算の容疑で逮捕が近くなってきた。
もはや、ホリエモンも仏門入りして酒井雄哉さんの元で生涯、修業することを決意すべきだろう。1000日、いや1500日修業をすべきだろう。飲まず、食わず、眠らず、ひたすら修業に励み、歴史的な大往生をしてみては?

提言!ホリエモンは仏門に入り第二の阿じゃ梨・酒井雄哉になれ!

月曜日, 2月 13th, 2006

ピーチ・ジョンの野口美佳社長のブログの更新が止まってしまった…。 仕方ないの、過去のブログで気づいたことを語るしかない。 野口社長はブログの中で、ホリエモンに対して次のように述べていた。 「彼に対してのひとつの願いは、再起です。まだ若いのです。 いつの日か、事件解決後、そのときこそ、その知名度と行動力を生かし、世の中のために役に立ってほしい。たとえば、チャリティなど。   このことで、彼が世の中を逆恨みするようになって欲しくないと、わたしは願います。そのための手伝いをしていこうと思っています。わたし自身は、これに懲りることなく、自分の仕事も面白い人たちとの交流もさらにパワーアップを心がけていくつもりです」。 インチキな人間がついに馬脚をあらわした。「世の中はカネが全て」だと公言するホリエモンに、チャリティで再起を図れ!だと? 1つの商売として考えるのがチャリティなんだってことを野口社長は知っておられる。やはり企業人だ。チャリティというのは善意ではなく偽善が多いってことを…。例えば、日本テレビの「愛は地球を救う」。毎年、大騒ぎして繰り広げているが、あれは日本テレビの確信犯的偽善番組である。しかし、それこそが、野口社長の言うチャリティだと僕は認識した。 「愛は地球を救う」。実は、ある地方局の番組のプロデュースを手伝ったことがある。数年間。ハッキリ言おう。あの番組に関しては、出演者の殆どいは「営業ギャラ」で請求してくる。通常の放送では5万円とか、「プロモーションだからお車代で」程度であっても、何故か24時間になると「10万円」、いや100万円を請求してくるアーティストもいた。ビックリだよ。とにかく、24時間テレビというのは、売れないアーティストや仕事のない事務所のチャリティになってしまっている。寄付金だとか何だとかは視聴者。演出的にタレントがヘラヘラと何やら持参してくるが、出演ギャラを寄付しろ!と、また僕も善意者ぶって言ってしまう。それが24時間テレビなのだ。要するにチャリティの現実。  かつて、南こうせつとHOUND DOGが広島でピース・コンサートをやっていた。確かに、あれはチャリティとして素晴らしかった。事実、広島には倉掛養護ホームという、あのチャリティによって建設された原爆養護ホームが完成し、立派に機能している。こうせつや大友康平は毎年、同ホームを訪れている。しかも、そこに行きましたとか宣伝も何もしていない。なかなか出来ないことだ。こうせつは、このチャリティを続けるために借金まで抱えた。僕は「バカだなー」って思ったよ。おまけに、収支はハッキリしたいと毎年、コンサート終了後には「明細書」まで出している。もちろん、現在でも細々だけど、こうせつ1人で続けているよ。 何故、こうせつ1人になっちまったのか?それは、カネにならないから、他のアーティストが出演したがらないのよ。かつては出演していたけど、みんなギャラを巡って揉めてしまった。チャリティの現実って、こんなもんなんだよ。だいたいカネがなくなったらチャリティをやる人間だっているご時勢だからね。 野口社長、もし、あなただったら、どうですか?こうせつのように最後の最後までケアが出来ますか?あなたの信頼しているホリエモンだったら出来ると思いますか?だいたい、商売人は善意者ぶる。頭の中にはカネのことしかないくせに。世の中のためにたつなんて考えるのがおかしい。 もし、僕がホリエモンに進言するなら、仏門にはいることだ。そう1000日修行でもしたらいい。飲まず食わず眠らず野過酷な修行を重ね、酒井雄哉さんみたいに。「アジャリ」を目指せばいい。坊主になって出直す。これこそがホリエモンの再起だと思うのだが?でも、無理か。

東天紅で昼の会食

月曜日, 2月 13th, 2006

有楽町の東京国際フォーラムにある中華料理店の東天紅でミーティング。たまに東天紅で食事するが、場所柄か味が薄い。きょうも「五目つゆそば」を注文する。1500円。正直、口に合わないし、ハッキリ言って高すぎ。自分でお金出すなら絶対に行かないところだ。これじゃ、ミーティングしても頭が働かない!動かない!

「噂の真相」の元編集長・岡留安則さんから第2弾のホリエモン批評だ!今度は小泉―竹中ラインとの結び付きも含めた論評である!

月曜日, 2月 13th, 2006

【ライブドアに対する東京地検特捜部の「国策捜査」。昨年の衆議院議員選挙において、小泉純一郎総理、竹中平蔵総務大臣、武部勤自民党幹事長という3人は、ホリエモンを最大限に持ち上げて利用、オマケに規制緩和、市場原理主義といった新自由主義路線が生んだヒーローというお墨付きを経団連とともに与えた連中である。
小泉はこのホリエモンに関しても開き直って反省の弁はまったくゼロ。すでにライブドアに対する内偵捜査を進めていただろう特捜部が、額に汗せず巨額の利益を手にするホリエモンを担ぐ小泉政権に対して苦々しく思っていただろうことは想像に難くない。
ライブドア捜査は、いわば小泉―竹中の新自由主義路線に検察が総力をあげて「待った!」をかけたも同然の「反小泉・国策捜査」である。
巧妙なメディア操作で得た支持率をバックに、やりたい放題の独裁権力を行使してきた小泉はいまや「裸の王様」と化しつつあり、政権の末期症状を呈し始めてきたようだ】
ところで、拘留期限のきょう、地検特捜部はホリエモンを起訴する。そして、証券取引法違反(粉飾決算)などの容疑で再逮捕である。そして、ブドアはマザーズの上場を取り消されるだろう。株価は100円を切り、世界一を目指していた時価総額は1000億円を切った。ライブドアの未来はない!