Archive for 2月, 2006

姫!電中でござる!!地下鉄・有楽町線の中で女子高生がパッチン、パッチン…。

月曜日, 2月 27th, 2006

電車の陰に隠れて爪切ってんじゃないよ!しかも、まあまあ(まあ中の下程度だな…)カワイイ顔して…。オヤジじゃあるまいし!オッと、爪の切れっ端が飛んできたじゃないかァ!ったく!笑ってゴマかすんじゃないっつーの!
10007959.jpg

民主党の永田寿康が炸裂させたホリエモンのメール爆弾の黒幕「F」から否定メールが届いた。

月曜日, 2月 27th, 2006

夕べ、某新聞社社会部のキチガイ・デスクから、今回の民主党・永田寿康衆院議員が炸裂させたホリエモンの3000万円振込みメールの作成の黒幕に、友人ライターの「F」が絡んでると聞かされた。「アイツが…」。電話をかけたが留守電に変わってしまう。
そこで、このブログで「F」のことを書いたところ、何と彼は、ブログまでしっかりとチェックしていた。彼から届いた黒幕説否定メールである。
《渡辺さんのサイトに僕が永田の件に絡んでいるいるようなくだりがあるようですが全く知りませんよ》(原文のまま)
とりあえずは、完全否定である。
それより、僕のブログに対して、僅か12時間で反応してきたことの方が驚きだった。さすがは黒幕と称されるだけの情報力だ。それにしたって、彼とは、もう1年近く連絡を取っていなかった。
ま、余談はいい。問題を整理しておく。
今回、永田議員は何故、あのメールで武部勤を追求したかというと、メールの存在を「週刊ポスト」が特集するという情報が入っていたからだ。要は、永田議員にメールを持ち込んだというライターのNというのは、「週刊ポスト」の契約の記者だったわけだ。で、永田議員は国会で追求したわけだが、何と、特集すると思い込んでいた「週刊ポスト」は掲載を取やめていた。
永田議員のペースはここで一転し、一気に転落していった。で、ここで登場してきたのが、Nのバックでメールを作成したという黒幕「F」だった。
本来なら、図でも書いて相関図にしたいが、ここでは無理。すると、キチガイ・デスクが「それはオレの役割だ」と言い出してきた。
いずれにしてもキチガイ・デスクも発狂してFに電話を入れているが、黒幕説を完全否定してきたという。つまり、僕への否定メールと一緒である。
「F」は本当に黒幕なのか?

レースクイーンやモデル総勢22人による異色のミュージカル「僕らのかわいい女神様~GRAFI」。

日曜日, 2月 26th, 2006

3月1、2日の両日、東京・新宿のシアターアプルで行われるという。レースクイーンで活躍している椎名ゆかちゃんから聞いて初めて知った。彼女は吉岡美穂の事務所に所属しているが、DVDを出したときも自分で宣伝して来た。なかなか、出来ないことである。
で、今回の舞台だが、演出する人は「普段、ミュージカルとは全く別世界で活躍するレースクイーンやモデルによって新しいエンターテインメントを創造したい」と何か意欲を見せている。
 ミュージカルのストーリーは、地球から6000億光年離れた星「アルキメデス」を舞台に繰り広げる。早い話が“萌系”のミュージカルである。アルキメデス星の王子のお妃候補を競う物語なんだと。因みに、椎名ゆかは、地球人のメイド役での出演だという。。
 製作総指揮の他に、脚本、演出、振付も担当する劇団主宰の郡司氏は、「レース会場などで大活躍するレースクイーンたちはの美しさは、世の男子たちを虜にしているはず。そんな彼女たちの魅力を舞台でも表現したかった」という。
芝居はもちろん、歌やダンスも随所に盛り込んで普段とは別の魅力を引き出していくとか。
公演は、3月1、2日で、2日のみ昼夜2回公演。
10007929.jpg

元ドリカムの西川が、またまた覚醒剤所持の現行犯で逮捕。しかし…。

日曜日, 2月 26th, 2006

もう、3回目じゃないか?ま、3度目の正直ってのもある。またまた、元ドリームズ・カム・トゥルーのキーボード担当だった西川が逮捕された。新宿の戸山というから大久保あたりか?車を運転中、警察に職務質問され、後ろ座席の菓子箱の中に入れてあった覚醒剤が発見されたという。西川は「渋谷で買った」と、容疑を認めてるとか。おそらく、内偵されていたのだろう。
だいたい、西川は02年にドリカムのメンバーをクビになった直後にも覚醒剤で逮捕されている。そもそも、ドリカムをクビになった理由も覚醒剤だった。ようするに、懲りないヤツというのではなく、精神的に弱い逃避型の性格なんだろう。
それにしても、ドリカムは最新アルバムが発売され、いまは精力的なプロモーションを展開している最中だ。きのうもフジテレビ「ミュージックフェア」に出ていた。
もっとも、僕は最新アルバムを持っていない。たから聞いていない。だから、どんなアルバムなのかは分からないが、ユニバーサルの社内では自画自賛している。
で、フッと思ったのは、西川は実は、ドリカムのアルバム発売時期を狙って覚醒剤を所持し、わざと逮捕されたんじゃないかと…。
「オレに出来るのは、このぐらいのことしかない」
とかなんとか思って。
だってそうだろう。西川の逮捕は明日のスポーツ紙はもちろん、ワイドショーあたりでも話題になるはずだ。しかも、西川は、元ドリカムのメンバーということから、当然、現在のドリカムの活動だってクローズアップされて、最新アルバムの認知も高まる。
視聴者にしても、西川がいまだに足を引っ張っているみたいで、ドリカムに同情的になる。ワイドショーのコメンテーターも、おそらく西川を批判したうえで「ドリカムには頑張ってほしいですね」なんて言うはず。
こりゃ、最高のプロモーションだ。
そういった意味では、今回は、表向きはどうであれ、本心の部分ではメンバーはもちろんスタッフも西川に感謝すべきかもしれない。絶対に批判をすべきではない。もっとも、犯罪は犯罪だから大きな問題ではあるが…。
10007920.jpg

六本木で、今度はモツ鍋。某キャバ嬢からピーチ・ジョンの評判を聞く

日曜日, 2月 26th, 2006

六本木のキャバ嬢ではなく都下の子だから、なかなか反応鈍い?
「ピーチ・ジョンの下着ってどう?」
「人気あるみたいだけど、私は興味ないなぁ」
「評判は?」
「買ったこともないし、着たいとも思わないから、評判と言われてもこまっちゃうよね」
「冷めてるねぇ」
「だって、ピーチ・ジョンって、カタログ販売が中心でしょ?そんなの面倒だよ。だいたい、下着は店で買ったほうがいいよね。カタログで買うのはねぇ…。欲しいものがあれば買うんだろうけど、今のところないから」
もはや、ピーチ・ジョン自体が論外ということだった。
10007914.jpg

六本木の中華「香妃園」で密談。民主党の永田議員ホリエモンのメールで新事実が発覚!

日曜日, 2月 26th, 2006

某新聞社社会部キチガイ・デスクと某新聞社の芸能記者と3人で会う。写真を見ても分かるが、無残に食い尽くされたトリ煮込みそばのように、さまざまな人物が3人の餌食(えじき)になった。ホリエモン、武部勤、小泉純一郎、もちろん、ピーチ・ジョンの野口美佳や秋元康まで…、とにかく盛り沢山だった。
この中で最大の話題は、ホリエモンの疑惑のメールだった。
いま、疑惑のメールを持ち込んだフリーライターのNが話題になっているが、実は、そのバックに問題のメールを作成した黒幕「F」がいた。
しかも、話を聞いていたら、何と、そのFというのが実は、古くからの知り合いであることが判明した。「あのFが黒幕?」。正直に言って今まで、全く気付かなかった。
「アイツが…」。
キチガイ・デスクは、Fに電話をしたそうだが否定されたという。では、僕も…と、何回も電話しているが留守番電話になってしまう。
黒幕「F」とは…。
と、思ったが、いま、まだ雨の降り出した六本木にいて、別件で別の人と会うことになったので、また次回に…。
10007913.jpg

コイズミ劇場に利用されるメダリスト、荒川静香選手。ホントに運に恵まれた人だ、小泉純一郎は…。

土曜日, 2月 25th, 2006

米国産牛肉問題、偽装建築問題、ライブドア問題…。小泉もついに!と思っていたら、民主党の情けない大失態で生き返ってしまった。しかも、トリノ五輪で最後の最後に女子フィギュアの荒川静香選手が金メダル!…ときたら、ますます元気いっぱいに。何を思ったのか、コイズミさん、官邸からトリノの荒川に国際電話まで入れ、祝福したという。「やった!感動したよ!」。
もう、こうなったら小泉ペースだ。荒川選手がトリノから帰国したら、早速、官邸に招いて、おそらく、何だかんだと盛り上げるだろう。当然、お得意のサプライズだって考えてるはず。またまた「コイズミ劇場」のはじまりだ。それで、またまた国民の支持率がアップしてしまうのかよ~。

矢田亜希子との契約を打ち切ったJAL日本航空の新CMは?

土曜日, 2月 25th, 2006

すでに水面下では人選の最終調整に入っている。現時点でCMの基本路線として具体化しているのは、従来とは180度変え、ファミリー・チックな内容にするということらしい。つまり、これまでは矢田のように単体での起用だった。しかし、新イメージは、一気に方向チェンジして、父親と母親、そして娘…という設定で、家族を基本コンセプトにアピールしていくというのだ。
クーデターが起こるなど、社内的にも迷走する日本航空だが、新CMでも迷走気味?

仲間由起恵がグリコのCMを降板!?単に契約切れというが…。

金曜日, 2月 24th, 2006

グリコは、人気絶頂の仲間と何故、契約更新しなかったのか?しかも、グリコは仲間との契約金として8000万円を用意していたと言われる。この金額がもし正しければ事務所としては全く文句はなかったはずだ。
しかし、グリコの宣伝関係者は「単に契約切れだったから」と歯切れが悪い。これは、どちらかが断ったとしか言いようのない話である。
ただ言えることは、グリコにとって仲間は、それこそ、ポッキーのように美味しい存在だったはず。それに現在、放送中の「au」のCMだって評判がいいんだから…。

アヴリル・ラヴィーンやブリトニー・スピアーズ、小田和正、スガシカらが所属するレコード会社で何が!!BMGジャパンの田代秀彦社長と足立正人取締役CFOが突如、退任の謎。

金曜日, 2月 24th, 2006

BMGジャパンといったら、世界レーベルの一つ。その世界のBMGが、会社を揺るがすトップ人事を2月16日付で発令した。代表取締役社長の田代秀彦と取締役で経理面の責任者だった足立正人CFOが、突然に退任したのだ。…これは退任ではなく明らかに“解任”。
「実は、田代社長は米国の本社から呼ばれて行ったんです。そこで解任が言い渡された。田代社長にしてみれば、寝耳に水の死刑宣告だったようです」と関係者。
売上が極端に悪かったとは言えない。田代社長も意欲満々だった。それが何故?しかも、解任は足立CFOも。「使い込み」「粉飾決算」と噂は巻き起こったが、真相は不明だ。で、分からなければ、「ホリエモンとの関係か?」なんて勝手な憶測までする始末だった(笑)
後任の代表取締役社長には取締役HR本部長の野村正憲氏が就任した。彼は人事面の責任者だ。
しかも、「とりあえず臨時の人事」なんて声も。で、「いま、社長を探していますよ」。トホホッ…。
因みに、日本担当のティム・プレスコット取締役は引き続き日本を担当するという。