ライブドア看板広報担当者の乙部綾子が今月中にも退社か?

以前書いたが、乙部は、退社後にフィリピンに高飛びするといった情報がある。「グループ会社に男がいて、一緒にフィリピンに行くと言われています。ただ、確認はとれていませんが…」。
フィリピンから帰国後は、大手芸能プロ入りする情報も。挙がっているプロダクションはオスカープロモーションとオフィス・トゥ・ワンなど。もちろん、噂だが、彼女のどこに魅力を感じているのか?
ところで、乙部綾子といえば離婚問題である。乙部のダンナは三井物産に勤務するエリートサラリーマン・乙部清史さん。乙部がエジプト航空のスッチーをしていた時代、タイの飲食店で逆ナンパしゲットしたと言われているが、実は、昨年の夏から別居状態だという。と、いうか、川崎の自宅マンションを飛び出して今は六本木に住んでいる。幼稚園に通う息子はダンナが送り迎えしているみたいだ。

夏川純って人気あるの?しかし、日曜の銀座のホコ天は人波だった…。

神田神保町からの流れで、「銀座の福家書店で夏川純の写真集発売サイン会をやっているから行ってみよう」と誘われ、どれどれと行ってみた。日曜の銀座も実は、久しぶりだった。で、行ったら「取材の呼び込みはしていません」。タレント自体も、たいしたものでもなかったので、「あ、そうですかぁ」。せっかくだからと、銀座をブラブラしてしまった。それにしても、誘われて行ったが、夏川純って人気あるの?整理番号50番とか言っていたから、その程度なんだろうな…。
10006390.jpg

矢部美穂、写真集で加藤鷹のテクニックにノックダウン!写真集発売でマスコミ用撮影会。

今回の写真集はAV男優の加藤鷹との絡み写真集。で、サイン会には加藤鷹も来た。
鷹「オレでいいのかな、と思いましたよ」
矢部「鷹さんのペースに巻き込まれてしまいましたね」
鷹「矢部さんの目が魅力的でした」
矢部「そう言えば、目を見ていたらキスしたくなったって言ってましたよね」
鷹「そうだっかな…」
矢部「でも、耳にキスしてきた時は驚きましたよ。だって、彼氏以外の人から耳をナメられたのは初めてなんだもん」
鷹「感じちゃった?」
矢部「写真集の表紙が、その写真なんですけど、でも、仕上がりの写真を見ると、一番表情がいいみたい」。
それにしても、サイン会には500人ぐらい来ていたか…。29歳の矢部美穂は、いまだ人気健在?
10006389.jpg

神田神保町の書泉グランデに、矢部美穂の写真集発売のサイン会取材に来る。

書泉グランデなんて来たのは学生時代以来。場所も忘れていた。サイン会の取材なんて、実は、2年に1~2回ぐらいしかしたことなかったが、今回は仕方なく…。しかも狭いところでのサイン会はツラい。それにしても取材陣は多かった。
10006374.jpg

ホリエモンの側近、野口英昭が沖縄で変死した事件の再考察…ホリエモンの捜査に地検特捜部が何故動いたか?捜査に警察庁組織暴力団対策3課が協力し地検特捜部と合同捜査網。

4時を回った。もう6時間である。情報交換は何か、多義に渡ってしまって、もはや支離滅裂の状況だ。共通しているのは「ホリエモンは嫌い」という、そのただ一点なのである。しかし、もはやライフワークになってしまっているのも事実で、早い話がストーカーへと化してしまっている。「もはや、ホリエモンの息のネを止めないと!」と言ったところか…。
さて、ホリエモンの側近だった野口英昭氏の死についてだ。野口氏の死後、沖縄県警は「自殺」と発表していた。だか、僕はこの蘭で、常に「変死」とし続けてきた。何故なのか?それは、どう考えても「自殺」とは思えなかったからだ。沖縄県警は何を根拠として「自殺」としたのか?結局は、警察庁の指示で、事件の再捜査をしている。異例のことである。
野口氏の死体だが、首を切り、腹をかっさばいていた。腹の傷の深さは8㎝もあり、内蔵がでていたという。そんな人間が、どうやって非常ベルを押せるのか?正直に言って、どんな沖縄県警というのは、どんな捜査をして「自殺」と判断したのか理解できなかった。そのような理由から僕は、常に「変死」と書き続けてきたのだ。しかも、野口氏が今回の証券取引法違反や粉飾決算に関わっていたことは明らかで、事情も知っているはず。もし、沖縄で死んでいなかったら、おそらく逮捕されていたに違いない。早い話が、野口氏の逮捕ができなかったから、中村が引っ張られたのだ。
それにしても、ホリエモンの単なる証券取引法違反の捜査になぜ、東京地検特捜部が出て来て、しかも、ここにきて警察庁組織暴力団対策第3課が協力することになったのか…。これは、今後のホリエモンの実態に迫っていく上で重要なポイントになっていくと思われる。とにかく、調べれば調べるほど奧の深い事件に発展していくはずだ。

六本木でホリエモンに関する情報交換。

某新聞社の社会部デスクと某出版社系週刊誌のキチガイ記者と、28日の夜10時に待ち合わせて密会。情報交換する。現在2時半で、もう4時間半。ブラックなホリエモン情報が…。そこに、信頼筋から情報が入る。ホリエモンの罪状は現時点で16種類あるという。「地検特捜部は、彼を当分出す気ない。極悪人扱いにしていますよ」(つづく)