ライブドア広報・乙部綾子の転職計画は?

フジテレビとライブドアのトップ会談が行われた26日、東京・六本木ヒルズ本社で会議に出席したり、通常の業務をこなした乙部。実は、この日、未確認情報をキャッチしていた。
何と、乙部のフィリピン高飛び計画だ。もちろん、目的は分からない。ただ、この計画は地検特捜部もキャッチしているようだ。そればかりではない。フィリピンから帰国後、ライブドアを退社して、米倉涼子や上戸彩などが所属する、オスカープロモーションに入るというのだ。オスカーの古賀社長が納得しての話なのか…。ま、例え、それが事実だとしても、結局はライブドアの乙部だから興味(決して魅力ではない)があるだけで、ライブドアをやめちゃったら、そんなのただの人。常識から言ったら、誰でも振り向きはしないと思うけど…。
そんなことより乙部さん。旦那さんとの関係を考えた方がいい。子供たっているんだし…余計なお世話?。

ホリエモンが茂木元IT担当相に政治献金…たった19万円だが全額返還

「時代の寵児」なんて言われ、一方では「オジン嫌い」とか言われ、何か、日本社会に新風を巻き込んでるように見せていたホリエモンだったが、実は、そんなの単なるパフォーマンスだった。だいたい、自民党の茂木敏充元情報通信技術(IT)担当相(衆院、栃木5区)に対して政治献金をしていたのだ。茂木さんは全額を返還したというが、そんなの政治献金して受け取ったのは事実だろ。政治資金収支報告書によると、ホリエモンは2004年7月から今月まで、茂木さんの資金管理団体「茂木敏充政策研究会」に、後援会費として毎月1万円ずつ計19万円を、何とホリエモンの個人名義で献金していた。ライブドアの社長には60歳のオジン、平松庚三さんがなったし、何より、オジンの集まった「経団連」にだって入って、浮かれていたではないか。要するに、何だかんだ言っても、適当な男だった。ホリエモンは常日頃から「日本人はバカだから」と言っていたそうだが、バカな奴らがリスペクトしていたに過ぎないのだ。そして、若者に理解のあるようなツラをした大学の教授やコメンテーターかなんかが、無責任発言していたに過ぎないのだ。