日本ビクターの寺田雅彦社長。

挨拶をしたのでメモをとったもののハードについては、サッパリ分からなかった(T_T)周りの記者がスラスラとメモしてるのを横目に、我ながら情けなかった。10006204.jpg

日本ビクターの新年会。料理は…

食べることしか考えていないのか?料理は豪華なんだけど、ステーキとかラーメンとか寿司とか…。とにかく品数は多いが作業が遅い。でも、年輩者が多いので、並ばなくて済むのがいい。大手町のアーバンネットで。
10006203.jpg

音楽プロデューサー・酒井政利さんの名言…ホリエモンの目はケロヨン

赤坂エクセル東急で酒井さんの音楽プロデューサー生活45周年パーティーの打ち合わせ。そこて盛り上がったのがホリエモン。すると酒井さんから「ホリエモンの目はカエルに似ている」。「?」つまり、カエルの目というのは、水をひっかけられると、目をパチクリパチクリさせながら、場面が移り変わっていまうんだと。

ライブドアの女性執行役員…財務担当も逮捕へ。

容疑は、消費者金融「ロイヤル信販」(現ライブドアクレジット)や結婚仲介サイト運営「キューズ・ネット」を担当していた会計士に対する約16億5000万円の不正送金の指示した疑い。東京地検特捜部は、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで事情聴取したが逮捕が秒読みとなった。

千歳空港が雪で閉鎖に。朝6時にホテルを出て閉鎖では情けない。1時間遅れで千歳空港を発つ。7時50分発なのに…。

10006187.jpg

テレビ東京の大橋未歩アナウンサーと歌手の川嶋あいがコラボレーション。50万人が泣いたメルマガ「大切な約束」がCD化。

メールマガジンで50万人が泣いた感動のネット小説「大切な約束」が大橋未歩アナの朗読でCD化され2月22日にユニバーサルミュージックから発売されることになった。発売前日の21日に20歳の誕生日を迎える川嶋にとっては最高のプレゼントになる。CDでは、川嶋の書き下ろし作品も収録される。母と娘の愛と涙と絆を描いた感動のストーリーが川嶋と大橋のコンビで蘇る。
「大切な約束」は」、昨春4月に”30分で泣ける本”シリーズの第1弾としてメルマガ発表された。その後、書籍化で「完全版」が発刊されるや、メルマガ読者は50万人を突破した。また、USENのネット配信「Gyao」がネット・ドラマ化しても配信するなど社会的な現象を生んだ。
物語は、娘の誕生日に合わせて一時退院する母。久しぶりに作る手作り餃子。肉がほとんど入っていない母の餃子。すでに生活は限界だった。母娘は、ラジカセとマイクを片手に路上で歌うことを決意する。共に誓い合った夢のため、はかなくも懸命に生きてゆく…。
物語を読んだ女優の柴田理恵は「『一杯のかけそば』を超えた作品」と絶賛していた。また、テコンドーの岡本依子選手も「心臓が震えた。こんなの初めて。涙が止まらなかった」と評している。
そういった中で決まったのが、今回のCD化。テレビ東京の大橋未歩アナは、おそらくユニバーサルの担当者の好みだろう。ヤフーの人気投票で上位らしいが…。ま、人選は間違いないだろうと思うが…。もっとも、依頼を受けた大橋アナも二つ返事で了承したという。
「出てくる言葉の1つ1つが素直で優しくて、いつの間にか離れて暮らしている母のことを思い出してしまった」と大橋アナ。収録では「これだけ長い文章を朗読したことがなかったので最初は不安でした」と戸惑いもあったが「底流に流れるものは『優しさ』や『希望』なんですよね。それをいかに伝えるか。柔らかい声を出すように努力しました。CDを聴いてもらう人が温かくなっていただけたら嬉しいですね」。
CDでは、川嶋の書き下ろし作「大切な約束」のインストゥルメンタル曲がオープニングに使われている他、ラストは川嶋の歌による「…ありがとう…」で大橋アナの朗読を盛り上げている。
10006186.jpg

眠らない街・すすきの

平日でも、きょうは給料日のはず。その割には人出が少ない。「北海道は景気が戻っていないのよ」。札幌在住のレコード会社のプロモーターがいう。北海道はホントに厳しいらしい。中川、町村、そして、自称、ホリエモンのパパになった武部。3人も同時に閣僚を出してきたくせに、何も対策を講じてこなかった証拠である。
しかし、すすきのは新宿や六本木とは違った味わいがあっていい。…そう思いながらネオンの中に消えて行ったのだった。
10006184.jpg