歌姫中森明菜が還ってくる?? 海外レコーディングで1月に5年4ヶ月ぶりCD シングルと新録カバー・アルバム発売が決定!

holiday-???X126?pA??_sub.jpg高倉健さんや菅原文太さんの死去など、年末に入り芸能界では暗いニュースばかり流れている。そんな中、ビッグなニュースが飛び込んできた。ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返し復帰の目途が立っていなかった歌手・中森明菜が、来年1月に新曲シングル「Rojo ―Tierra―」(ロホ ―ティエラ―)と新録のカバー・アルバム「歌姫4 ―My Eggs Benedict―」を発売し音楽活動を再開することになった。明菜は10年10月から無期限で活動を停止してきただけに、活動再開は4年3ヶ月ぶりとなる。しかし、シングル発売となると09年の「DIVA Single Version」以来、実に5年4ヶ月ぶりである。レコーディングは現在、国内と米国で極秘に行われている。関係者は「年内にも完成させたい」とギリギリの作業を進めている――。
 明菜の活動再開は今夏に発売された初のオールタイム・ベストアルバム2作品がCDセールス低迷する中で25万枚を突破したことが最大の要因になっている。CDセールスが深刻化する中、明菜本人が全く登場しなかったにも係らず25万枚のセールスとなった。オリコン総合アルバム・チャートでも31年7ヶ月ぶりに2週連続2作品同時トップ10入りを果たすなど、異例の結果を生んだ。
明菜は「応援してくれているファンに恩返しをしたい」という思いでいっぱいになったようだ。それが今回のシングルとアルバムの発売のキッカケとなったことは言うまでもない。実に明菜らしい。やはり明菜にとって一番の励みはファンからの声援だ。しかも、明菜の場合は4年以上もの間、活動を停止していたにも係らずファンクラブの会員数も減っていない。ある意味、ポッと出のアイドル歌手とは比較にならない。「根強い人気」というのは明菜にピッタリだ。
しかも、そのビッグセールスになったベストアルバムの中にボーナストラックとして収録した4年ぶりの新曲「SWEET RAIN」、それにカバー曲「恋の奴隷」(奥村チヨ)と「男と女のお話」(日吉ミミ)のレコーディングも今回のシングル、アルバム制作の自信に結びついた。活動を休止していた明菜にとって、復帰へのリハビリになったようだ。
もちろん、新曲といっても単にアルバムのボーナストラックとして収録するものだっただけに、実際には「手探り状態のレコーディングだった」。だが、今回の新曲はボーナス・トラックとは違う。シングルと言う1つの商品として発売するものである。つまり、明菜自身も自信を持ってレコーディングに挑んだことになる。
関係者によると、体調も考慮し、今回はレコーディングを含め4ヶ月以上もの制作期間を取ってきたという。だからと言うわけでもないが選曲からアルバムのジャケットに至るまでの全てを明菜自ら手がけることになっている。「年内は新曲とアルバム制作に力を入れていく」という。
注目のシングル曲のタイトルは「Rojo ―Tierra―」。スペイン語のタイトルで、「Rojo」は「赤」で、サブタイトルの「Tierra」は「大地」を意味している。タイトルから見る限り「明菜の現在の意欲が新曲に込められている」と言っていいかもしれない。曲はアフリカサウンドのダンスミュージックで「明菜のボーカルを前面に出した情熱的な作品に仕上げたい」としている。
 一方のアルバム。歌姫シリーズの第4弾カバー・アルバムとしてシングル発売から1週間後の1月28日に発売するもので、タイトルは「歌姫4 ―My Eggs Benedict―」。「現時点で明菜のボーカルを最大限に引き出せるもの」として、カバー曲に特化した歌姫シリーズの続編となったという。
選曲を含めたアルバムの基本的コンセプトは「ラブソング」。明菜は「楽曲的には70年代の後半から2000年代の名曲の中から私の心の中に残っている作品を選んでいきたい」と言っているようだ。
収録曲については、レコーディングの状況を見て最終決定するとしているが、すでに「愛のうた」(倖田來未)、「雪の華」(中島美嘉)の他、「長い間」(Kiroro)、「接吻」(オリジナル・ラブ)、「スタンダード・ナンバー」(南佳孝)などの収録が決まっているという。
制作スタッフによると「今回は比較的に新しい作品を選曲しています。最終的には11〜12曲を収めることになりそう」とした上で「原曲に引けを取らない、強い歌心が響き渡る明菜ワールド全開のラブソング集になると思います」と自信満々だった。
プロモーションも含めた活動の再開は来年になる。文字通り2015年、歌姫復活だ。いずれにしても、明菜の活動再開は音楽業界にとっても大きな起爆剤になりそうだ。

元横浜大洋のエース遠藤一彦氏の苦肉の策!? 予算減額の鎌倉市観光協会が不足予算の穴埋めに松山千春公演!!

IMG_5102.jpgフォークシンガー松山千春の秋のコンサート・ツアー「あの日の僕等」が、神奈川・鎌倉芸術館で行われた。同公演は元横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の投手で、現在は鎌倉市観光協会の専務理事を務めている遠藤一彦氏からのラブコールから実現した。
遠藤氏は、福島県の出身で東海大学出身。77年に横浜大洋ホエールズから3位指名を受けて入団し、92年まで活躍した。退団後はTBSの解説者や横浜ベイスターズの投手コーチなどを務め、09年に現在の鎌倉市観光協会の専務理事に就任した。
千春とは30年ほど前の選手時代に知人の紹介で出会ったそう。今回の公演依頼について遠藤氏は「鎌倉市の観光予算が減額になって、その穴埋めになればと千春さんに打診した」と言う。「正直に事情を話したら理解して頂いて…。男気を感じました」。同観光協会としては初めての大規模なコンサート主催。千春は「遠藤さんの頼みだから何とか実現したいと思っていた。今回はタイミングが合った」と言うが、遠藤氏は「出来れば来年以降も続けて欲しいんですけどね」と苦笑いしていた。
千春の鎌倉での公演は実に8年ぶり。1500人の会場は「即日完売だった」と言う。この日は、菅原文太さんの逝去が明らかになり、天気もパッとしていなかったが、会場はと言うと…開演前から声援が巻き起こり、とにかく熱気に包まれた。この光景には遠藤さんもニンマリだ。「ムーンライト」で幕を明けたステージは「時のいたずら」「ピエロ」など、前半は懐かしい恋愛作品で構成。後半は「生活の中」や「淡々と…」など、「フォークシンガーとしての作品と中心に」(千春)歌い上げた。3時間、アンコールを含め全16曲を熱唱した。
コンサートツアーのファイナルは12月24、25日の北海道・札幌ニトリ文化ホール。

“歌合戦”なんて返上!? ”歌おう。おおみそかは全員参加で!”をテーマにした「第65回NHK紅白歌合戦」出場者

これで40%もの視聴率が取れるんだからやめられない。
NHKの大みそ日恒例「第65回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表された。
初出場は「紅組」がHKT48、May J.、薬師丸ひろ子。で、「白組」はV6、SEKAI NO OWARIの計5組。思わず「薬師丸って何を歌っていたんだっけ?」なんて思っちゃったけど、故・高倉健さんのつながりなのか?それとも「Songs」に出まくっていたからか?よく分からないが、薬師丸が入っていて、aikoが落選と言うのは「?」。
NHK制作局の三溝敬志エンターテインメント部長は選考ポイントについて「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」と言っていたが、ますます選考の基準に「?」。要は、「国民的…」なんて言ってはいるが、所詮はNHKの「単なる音楽番組の一つ」だってこと。結局、大みそ日にやっていることが重要ってことだろう。
「歌は世につれ世は歌につれ」なんて言われた時代もあるけど、今の時代、そんな言葉は「死語」。「紅白」で一年を振り返ることもない。「歌合戦」と言いながら。今年のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。もう「紅白歌合戦」なんてタイトルなんてやめて「大みそ日だよ、全員集合!!」って変更しちゃえばいい。
それにしても、素行の悪い乃木坂46を下してAKBグループだけで4枠って狂ってる。異常だ。あり得ない。制作者に「紅白」のプライドなんてないってことを証明したものだ。アイドルも多種多様である。AKBだけがアイドルじゃない。だったら、乃木坂やモーニング娘。なんかも出せばいい。
中島みゆき。正直言って「紅白」に合わない。前回は「黒部ダム」。今回は、スコットランドで歌うのか?でも、前回ほどのインパクトはないだろう。それとも、来年は映画も作るっていうし、宣伝って言ってしまえば、それまでだが…。
とにかく、今回は「出るんじゃないか」と言われていた井上陽水も結局は「断った」。もはや、陽水も含め、大物で「紅白」に出ないのは山下達郎、竹内まりや、そして松山千春ぐらい?安室奈美恵も拒否組だというし…。どうせなら、出ない方がインパクトがある。
 しかし、「歌合戦」にもならないのに、紅組司会は紅組が吉高由里子、白組司会が嵐。

■出場歌手(※カッコ内は出場回数)
【紅組】
絢香(7)
E-girls(2)
いきものがかり(7)
石川さゆり(37)
HKT48(初)
AKB48(7)
SKE48(3)
NMB48(2)
神田沙也加(2)
きゃりーぱみゅぱみゅ(3)
香西かおり(18)
伍代夏子(21)
坂本冬美(26)
椎名林檎(2)
天童よしみ(19)
中島みゆき(2)
西野カナ(5)
Perfume(7)
藤あや子(20)
松田聖子(18)
水樹奈々(6)
水森かおり(12)
miwa(2)
May J.(初)
ももいろクローバーZ(3)
薬師丸ひろ子(初)
和田アキ子(38)

【白組】
嵐(6)
五木ひろし(44)
EXILE(10)
関ジャニ∞(3)
クリス・ハート(2)
郷ひろみ(27)
ゴールデンボンバー(3)
三代目 J Soul Brothers(3)
SMAP(22)
SEKAI NO OWARI(初)
Sexy Zone(2)
T.M.Revolution(5)
TOKIO(21)
徳永英明(9)
AAA(5)
長渕剛(4)
氷川きよし(15)
V6(初)
福田こうへい(2)
福山雅治(7)
細川たかし(38)
ポルノグラフィティ(13)
美輪明宏(3)
森進一(47)

最新アルバム初登場3位!! テイラー・スウィフトがプロモ来日!! 来年5月5、6日には東京ドームで2Daysが決定!! 

FullSizeRender.jpg
最新アルバム「1989」を発売(10月29日)し現在、プロモーション来日中のアメリカン・アイドルのカリスマ、テイラー・スウィフトが7日、東京・六本木の東京ミッドタウン・カンファレンスルーム7で来日会見を行い、来年5月5、6日に東京ドームで公演を行うことを明らかにした。「ワールド・ツアーを来年、東京ドームからスタートさせます」。今年6月1日に埼玉・新都心のさいたまスーパーアリーナで一夜限りのライブパフォーマンスを繰り広げたが、テイラーがワールドツアーを日本からスタートさせるのは11年2月の来日公演(大阪城ホールと日本武道館)以来2回目。
テイラーは、09年にアルバム「フィアレス」で日本デビュー(全米では08年11月発売)。このアルバムは「第52回グラミー賞」では、10部門でノミネートされていたビヨンセを抑え「最優秀アルバム賞(アルバム・オブ・ザ・イヤー)」を史上最年少(19歳)で受賞した。因みに、アルバム「フィアレス」は、米ビルボード誌のアルバム総合チャートで11週1位に輝き、最少年記録を樹立している。ビルボードで10週以上に亘って1位獲得したのは、99年のサンタナ「Supernatural」以来で、今世紀に入ってからは初めての記録となり当時、スーザン・ボイルのアルバム・セールスをも抑え「世界で最もアルバムを売ったアーティスト」にも選ばれた。
で、今回の最新アルバム――。
IMG_4874.jpg
「1989」は、前作「RED」の発売以来2年振りのアルバム。「1989年は私が生まれた年でもあるんですが、サウンド的にも80年代のポップスシーンは私の音楽にも影響を与えているしインスピレーションを感じています」と言う。
さらに「私は、いつも直感を信じてこれまでやってきました。ここ数年は自分の直感で全てに決断を下しています。そこに理由はありません。とにかく自分の運命は自分で決めるものだと思っています。だから、もしシンガーソングライターではなかったら歌うことはなかったと思うし、今は歌うことも、アルバムのジャケットもツアーやツアータイトルもセットリストも自分自身でコントロールしているんです」と自らのスタンスを語っていた。
最新アルバムは、前作に続いて全米では100万枚を突破した。日本でもオリコン総合チャートで初登場3位にランクされるなど絶好調となっている。
「私は、自分の曲を聴いてもらえるなら、CDでも音楽配信でもどちらでもいいと思っています。それぞれに魅力があると思うし、その時その時で便利な方を選べるって素敵ですよね。ただ、CDについては常にブックレットなんかも時間をかけてちゃんと作っていきたいの」

千葉県・森田健作知事。台湾でのトップセールスで日本の知事と しては初めて地元テレビ出演で“青春の巨匠”ぶり発揮!?

森田健作・千葉県知事が台湾でトップセールスを行ってきた。知事になって3年ぶりの台湾だった。で、今回は千葉県の観光地やビジネス環境をPRする商談会や経済セミナー、台湾総統府要人との面談などが目的だった。
森田は、これまで台湾の他にもシンガポール、タイ、マレーシアでもトップセールスを実施。要人らとの会談や商談会などを行い成果を上げてきた。しかし、そういった中でも台湾は重要な位置を示しているようだ。と言うのも、台湾の親日ぶりはアジアの中でもズバ抜けているからだ。
因みに、台湾からの千葉県への訪門客は東日本大震災で一時大きく落ち込んだが、昨年度は宿泊客数が前年比約5万人増の約17万5千人を記録している。それだけに、今後は「若者らの交流をさらに活性化させていきたい」ということで、今回は台湾の航空各社のトップとも会って「成田―台湾」線の増便を要請した。さらに台北市の総統府を訪問し副総統と会い意見交換も(下の写真)。
IMG_4662.jpg
慌ただしい日程をこなしたわけだが、他の他都道府県の首長と森田の違いは、何と言っても、その知名度を利用してのトップセールスだった。
今回の訪台で森田は台湾テレビの情報ドキュメンタリー番組「国際熱線 Global View」に同県のマスコットチーバくんと共に出演したことである。番組では千葉県の魅力を1時間に亘って視聴者にアピールした。台湾で日本の地域を限定した番組を1時間に亘って紹介したのも異例だが、現役首長が自ら出演したのも初めてだと言う。
IMG_4620.jpg

――日本の現役首長が初めて出演するとあって、同局もこれまでにはない制作体制を組んで対応した。同番組のキャスターで「台湾ではNO1の人気美人アナウンサー」と評判の張宇(フィル・チャン=29)さんを千葉に派遣、県内をレポートした他、先ごろ行われた「ちばアクアラインマラソン」のハーフマラソンにも実際に参加したそうだ。
森田知事が出演した「国際熱線」は、日曜日の午前10時から放送されている1時間の情報ドキュメンタリー番組で「台湾では最も視聴率の高く影響力がある」(地元関係者)。森田知事は千葉県のゆるキャラチーバくんを引き連れて番組に出演した。
言うまでもなく日本でのゆるキャラ・ブーム。そんな中で、誰から見ても千葉県では”ふなっしー”人気には圧倒されているチーバくんだけに「現時点ではふなっしーが呼ばれることのな台湾で先手を打って知名度を上げよう」(地元関係者)という魂胆だろう…。いずれにしても、森田知事と番組に出演したチーバくんも大張り切り?だった。
番組の冒頭で森田知事は、3年半前の東日本大震災でのいち早い対応に改めて謝意を示した上で県内の観光地や農林水産物、さらに台湾との相互交流などを中心にアピール。「番組を通じて、自らの言葉で直接、語ることが出来て良かった。今回はテレビ出演以外でも成田国際空港を結ぶ路線の増便についても意見交換が出来たし実りも多い」と森田知事も満足顔だった。
「放送後の反響も好評だったようです。台湾で森田知事は、知事である前に俳優、タレント…。特に青春の巨匠としてイメージとインパクトが高い。そういったことが視聴者に受け入れられたと思う。しかも、台湾では人気NO1の張さんとの共演というのも大きな話題になっていたようです」(同行したメディア関係背や)。放送後、局内では「続編も…」の声まで出ていたと言う

活動停止が功を奏す!? 中森明菜アルバムがバカ売れ!! 年内限定発売で“オリジナル曲”と“カバー曲”を一体化した アルバムを発売へ!

歌手・中森明菜の初のオールタイム・ベストアルバム2作品がCDセールス低迷の中で25万枚を突破した。「体調不良で活動停止中」という理由から明菜本人が全く登場しない中でのセールスとしては異例だ。そういった中、受注生産が滞っていた「オリジナル」と「カバー」を一体化した「オールタイム・ベスト〜オリジナル&歌姫 スペシャル・エディション」が12月3日に発売されることになった。年末までの“時限限定発売”だという。
IMG_4680.jpg
明菜人気は健在だった。ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返し今なお復帰の目途が立たず本人不在だったのにも関わらず、アルバムは31年7ヶ月ぶりに2週連続2作品同時トップ10入りを果たした。
同盤はワーナーミュージックとユニバーサルミュージックがメーカーの枠を超え、明菜の32年の歴史をひも解いた初の集大成アルバムに仕上がっていた。しかも、収録曲の中には4年ぶりの新曲「SWEET RAIN」と、カバー曲として奥村チヨの名曲「恋の奴隷」と、日吉ミミのヒット曲「男と女のお話」も新たにレコーディングして収めた。まさに「明菜の総決算的」なアルバムに仕上がっていた。
そのアルバムがビッグ・セールスとなったのは…。
もしかしたら、明菜本人が稼働しなかったことかもしれない。明菜が全く出ないで、露出されたのはデビュー当時の写真ばかり…これが逆に明菜のイメージを拡大させ神秘性を増したのかもしれない。購入者は40代から50代、60代と幅広かったが、その一方で20代や30代という比較的若い世代からも支持を得た。受注生産が滞ることがなく品切れを起こさなければ、もっと売れたかもしれない。
そういったこともあって今回の企画が実現したのかもしれない。発売される「オールタイム・ベスト〜オリジナル&歌姫 スペシャル・エディション」は、当時のワーナーパイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)から現在までに発売されたシングル「スローモーション」や「少女A」「北ウィング」「飾りじゃないのよ涙は」はもちろん、日本テレビ系ドラマ「冷たい月」の主題歌「帰省」やTBS系愛の劇場「39歳の秋」の主題歌「MOONLIGHT SHADOW〜月に吠えろ」などMCAビクターやガウスエンタテインメントから発売された作品など30曲。
さらに明菜の持つ類まれなる歌唱力を前面に出す形で94年から出してきたカバー企画“歌姫シリーズ”の中から「桃色吐息」(高橋真理子)や「瑠璃色の地球」(松田聖子)、「傘がない」(井上陽水)、「22歳の別れ」(風)、「恋」(松山千春)、「いい日旅立ち」(山口百恵)、「天城越え」(石川さゆり)、「伊勢佐木町ブルース」(青江三奈)など30曲をセレクト、合わせて60作品をCD4枚に盛り込んでいる。
しかも、これまでは30曲入りCDを3300円で販売していたが、今回の新たなパッケージは4枚60曲入りを4980円(税込)で販売するという。
image0029.jpg

★CD「オールタイム・ベスト―オリジナル&歌姫」収録曲

Disc1
M-1, スローモーション
M-2, 少女A
M-3, セカンド・ラブ
M-4, 1/2の神話
M-5, 禁区
M-6, 北ウイング
M-7, サザン・ウインド
M-8, 十戒
M-9, 飾りじゃないのよ涙は M-10, ミ・アモーレ
M-11, DESIRE-情熱-
M-12, ジプシー・クイーン
M-13, 難破船
M-14, TATTOO
M-15, 二人静-「天河伝説殺人事件」より

Disc2
M-1, 片想い
M-2, 愛撫
M-3, 月華
M-4, 原始、女は太陽だった
M-5, MOONLIGHT SHADOW-月に吠えろ
M-6, APPETITE
M-7, 帰省〜Never Forget〜
M-8, The Heat 〜musica fiesta〜
M-9, Days
M-10, 落花流水
M-11, 花よ踊れ
M-12, DIVA
M-13, Crazy Love
M-14, I hope so
M-15, SWEET RAIN

Disc3
M-1, ダンスはうまく踊れない(歌姫)
M-2, 愛染橋(歌姫)
M-3, 桃色吐息(歌姫2)
M-4, シングルアゲイン(歌姫2)
M-5, 秋桜(歌姫2)
M-6, 異邦人(歌姫2)
M-7, 瑠璃色の地球(歌姫2)
M-8, 傘がない(歌姫3)
M-9, 窓(歌姫3)
M-10, 愛はかげろう(歌姫3)
M-11, 恋の予感(歌姫3)
M-12,「いちご白書」をもう一度(フォーク1)
M-13, 22才の別れ(フォーク1)
M-14, 恋(フォーク1)
M-15, いい日旅立ち(歌姫ベスト)

Disc4
M-1, 天城越え(艶華)
M-2, 無言坂(艶華)
M-3, 氷雨(艶華)
M-4, 越冬つばめ(艶華)
M-5, 夜桜お七(艶華)
M-6, 恋の季節(ムード歌謡)
M-7, 伊勢佐木町ブルース(ムード歌謡)
M-8, 他人の関係(ムード歌謡)
M-9, なごり雪(フォーク2)
M-10, 悪女(フォーク2)
M-11, I LOVE YOU(フォーク2)
M-12, リバーサイド・ホテル(LIVE ver.)(歌姫ベスト)
M-13, Woman“Wの悲劇より”(LIVE ver.)
M-14,恋の奴隷
M-15,男と女のお話

加藤登紀子の歌手活動50 周年記念パーティー…何で六本木の「ビルボードライブ東京」で !?

IMG_4409.jpg 歌手・加藤登紀子の歌手活動50周年記念パーティーが14日、東京・六本木のビルボードライブ東京で行われた。会場には永六輔やゴスペラーズ、由美かおる、うつみ宮土理、島田歌穂…。ま、永は、「上を向いて歩こう」のようにビルボードで1位になった作品があるから分かるが、全体的に招待者も含めイメージに合わない会場での記念パーティーだった。しかも、今年、やはり50周年を迎えたという清酒「ワンカップ大関」が提供したと言う”大関”の鏡開き…である。
それにしても、何で、ビルボードライブ東京だったのか? 
加藤登紀子によれば「この場所は、かつて防衛庁のあった場所。その防衛庁に(亡き夫の)藤本(敏夫氏)が突入(国際反戦デーで防衛庁抗議行動に参加した)した」という、ある意味で因縁の場所だったのだ。その後、藤本氏は逮捕され加藤とは獄中結婚したが「ある意味で平穏な場所で、たくさんの税金を使って過ごすことが出来ました」なんて言っていた。
いずれにしても、ビルボードライブ東京のある、この地に拘りをもっていたと言うわけか――。

「18歳歳の差結婚」「新曲」「ASKA」のトリプル話題で芸能界復活を目論む清水健太郎を陰で支えた意外な人物がいた…

かつて「失恋レストラン」という大ヒット曲を放ったことのある清水健太郎。「破天荒な人間」と言ってしまえば簡単だろうが、薬物と“縁”が切れずに逮捕されること6回。
その清水健太郎が、何と個人事務所で社長を務める瑞穂さんと“18歳の年の差結婚”というから驚き。しかも、11年ぶりに新曲CD「リスタート」を発売するという。
それにしても、何だかんだと言っても清水健太郎は芸能界で生きるしかないってことだろう。生き伸びるためには手段も?選ばない――で、抜いた伝家の宝刀が“結婚”と“新曲”。そして覚醒剤の所持・使用で逮捕され有罪判決を受けたASKAへのメッセージという、文字通りのトリプル話題。いずれにしても、清水健太郎としては久しぶりに笑顔で語れるビッグなネタとなったわけだが…。
そんな清水健太郎の“晴れ姿”を意外にも喜んでいたのが俳優の吉川銀二だった。前述の発表会の際にも会場に姿を見せていた。こんなところに…と思い銀ちゃんに興味新々で尋ねたら「健太郎さんには一宿一飯の恩があるんだよ」。驚いた。「一宿一飯」なんて言葉が銀ちゃんの口からでてくるなんて…。よほど清水健太郎には恩があるに違いない…。
IMG_4408.jpg 「確かに、彼は薬物なんかで何度も逮捕された。ハッキリ言って、逮捕されるたびにオレも口煩く薬物だけには手を出すなと注意してきたさ。だけど、いくら言っても、最終的には本人の意志の問題だから…。ただ、薬物の問題とオレと健太郎さんとの関係は別の話だってことなんだよ」。
聞けば、銀ちゃんが東京に上京するキッカケを作ったが何と清水健太郎だったというのだ。「正直言って健太郎さんがいなけりゃ今のオレはなかったと思う…」と感慨深げ。いくら聞いても具体的には語ろうとはしなかったが「今の時代、人と人との繋がりも希薄になりつつあるけど、やはり世話になった人に対しては誠意を示さなきゃダメだよ。真樹(日佐夫)先生(2012年1月2日没)もそうだったけどね。“義理”とか“人情”というと古いとか何とかいう奴らがいるけど冗談じゃない。生きていく中での根幹だろう」「いつも会えるわけじゃなかったけど、時間が合えば会うことにしてきたし、今回は健太郎さんにとっても、ある意味で目出度い日だったしね。とにかく会えて良かったよ」なんて言っていた。いずれにしても、清水健太郎にとっては“苦しい時の友”だったのだろう「銀ちゃんには男気を感じたよ。(言葉にはださなかったけど)感謝している」とか。
それにしても、かつての大ヒット曲「失恋レストラン」は日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞、NHK「紅白歌合戦」にも出場経験を持つ。輝かしい活躍もあった。果たして、夢よもう一度はあるのか?銀ちゃんは「可能なら」と言いつつ「実は、以前から温めている映画の企画があるんだよ。もし、実現したら健太郎さんにも出てもらう。恩返しをしたいからね」。
20081022044708.jpgそういえば…。清水健太郎から縁起物で“打出の小槌”を貰ったことがあった。「開運」と彫られたフタを開けてみたら、博打のサイコロや小判、亀など、なんやかんやと入っていた。どれもこれも縁起物である。他人に縁起物をあげておいて、自分はというと逮捕されていたら意味がない!! いずれにしても、清水健太郎のこれからの運命が“凶”と出るか“吉”と出るか――もしかして、女房より銀ちゃんにかかっていたりして!?

松山千春の新曲――6年振りに自ら出演したMV は国分佐智子、林愛夏、井上琳水も出演しドラマ仕立てに…

デビュー37年目を迎えたフォークシンガー松山千春が通算74作目のシングル「あの日の僕等」が10月8日にリリースする。その発売に合わせて今回もミュージックビデオ(MV)を制作した。今回は千春本人も出演しているが、千春が自らMVに出るのは6年前の08年に元モー娘。の安倍なつみと共演して話題となった「思ひ」以来。
holiday-???R???tMV.jpg
大人になって忘れてしまった何かがあるのではないか…またあの日の僕等に帰って前に進もうというメッセージが詰まった新曲「あの日の僕等」のMV――監督は、千春の自伝映画「旅立ち〜足寄より」や「GTO」、「チームバチスタ」など数多くのテレビドラマを手がけてきたMMJの今井和久氏。今井氏がMVの監督を務めたのは今回が初めてだった。
MVと言ってもストーリー性をもったドラマ仕立ての作品に仕上げている。そのドラマシーンには、女優の国分佐智子(こくぶんさちこ)、アイドルグループ〝ベイビーレイズ〟のセンターを務める林愛夏(はやしまなつ)。そして子役には井上琳水(いのうえりんな)が出演した。
共演者の3人は同一人物の設定。国分は主婦を演じ、その女子大生時代を林、幼少時代を井上が演じている。
「ダンス…流れる汗…転ぶ少女…ゆがむ表情…そして涙」
という3人の共通するシーンは 歌詞の世界にもある大人になって忘れてしまった悲しみも喜びもまぶしいと思えた頃があったということを表現している。そして悔し涙のあとに3人が満面の笑顔を浮かべて一緒に踊っているシーンには、未来への新しい一歩を踏み出すことを応援するメッセージが込められている。「主演の国分が涙を流しながら笑顔で踊っているシーンが印象的」と関係者。
撮影は共演者のシーンが茨城県常総市と横浜市。千春の歌唱シーンは都内のスタジオで9月下旬に行われた。
なお、このミュージックビデオはYouTubeのコロムビアチャンネルで10月7日からフル尺で公開中。また、千春は10月9日の神奈川・厚木市文化会館を皮切りに全国20ヵ所で24公演を繰り広げる。
holiday-pv2.jpg

《出演者コメント》
■国分佐智子=♪帰ろうあの日の僕等に?とはじまるこの歌。私の役柄は、学生時代踊っていた主婦。何だか私と重なるトコロもあり、共感をもてました。お蔭様で撮影当日は20歳の若かりし頃の感覚が蘇った一瞬もありました。毎日が楽しかった頃、懐かしいかおり。そして、また明日から頑張ろうと力が湧きました!久しぶりのダンスに苦戦しましたが、共演者のお二方と監督、スタッフの皆さんの支えのもと、楽しく撮影に臨むことが出来ました。あの日に帰るきっかけとなった事に感謝です。「あの日の僕等」が多くの方々に、あの日に帰るきっかけとなれば嬉しく思います。
■林愛夏=父が大ファンである松山千春さんのPVに出られてすごく嬉しいです。慣れない演技でしたが、共演者の方々のおかげで楽しく撮影を終える事が出来ました。
■井上琳水=ダンスは少し難しかったけれど一生懸命頑張りました。とても楽しい撮影でした。

特別なUFO召喚儀式でUFO召喚し星空とUFOを徹夜で観察…秋山眞人と行く〝宇宙人との交信ツアー〟

今やスピリチュアル界のカリスマと言ったら秋山眞人だろう。もはや細木数子や江原敬之なんて古い!? 秋山さんは精神世界の第一人者で、しかも…何と、あの矢追純一もビックリ!! 未確認飛行物体――UFOを召喚する超能力者としても知られている。 その秋山さんのイベントがついに実現することになった。 題して「秋山眞人と行く宇宙意識との交信ツアー」。 まさに〝未知との遭遇〟を具現化するようなイベントだろう。 科学や理論では語れない、これぞ〝タブーに挑戦〟するようなBIG企画が炸裂するってわけだ!! 当然、企画に対して理屈や批判はあるだろう。が、「TVタックル」(テレビ朝日)等のTV番組でUFOを召喚してきた 実績を持つ秋山さんをナビゲーターに招き、山梨・河口湖の〝UFO出現スポット〟でUFO観察ツアーを繰り広げる。 現地に到着後、秋山さんの特別なUFO召喚儀式でUFOを召喚し参加者全員で星空とUFOを徹夜で観察する――何と、夢のある企画であることか!! さらに、UFO観察のみならず、参加者全員で宇宙意識との 交信を行うコンシャスチャネリングのワークショップも行う。 では、万が一、天気が悪かったら…。 その時は宿泊施設内の会議室でUFOのスライドショーを行い、 秋山さんによる宇宙意識の講話を行う。 さらに宇宙意識に存在するシンボルを使ってUFOとの交信を行ってみたり、 UFOを観察することよりも貴重な体験として、 UFO船内のリモートビューイング(遠隔視)を 参加者全員で行いUFOの船内の光景を知ることが出来る…まさに嘘か冗談のような話だが、百聞は一見にしかず、である。 あの小泉純一郎元総理もコッソリ相談に来ていたという噂もある秋山さん。当日は、小泉さんもお忍びで来るかも? <概要イベント> ■ 日程 : 11月1日(土)、2日(日)※雨天決行 ■ 集合時間 : 11月1日 16:00 ■ 集合場所 : 富士急行線 河口湖駅前 ■解散日時:11月2日(日)翌朝宿泊先にて自由解散 ■解散場所:河口湖セントビレッジ(10:00チェックアウト) ■ 定員 : 40名(予約制) ■ 料金 : 29,800円(税込) ■募集締め切り 第一次締め切り 2014年10月15日(水)※但し、定員となり次第締め切ります。 ■ 申し込み : オンライン申込または お電話(03-5437-2790(平日:月~金 10:00~18:00))にて ■ 宿泊先 : 河口湖セントヴィレッジ(1泊2食付) ※宿泊先は、ペンションとなります。部屋割りはお任せいただます(男女別)。 ご希望等がありましたら可能な範囲で対応いたしますのでご相談ください。 <お問い合わせお申込み> ■ 申し込み : オンライン申込またはお電話で… ★電話:03-5437-2790(平日:月~金 10:00~18:00) ★オンライン申込み: http://www.cocorilapub.jp/ufo.html

俺たちが待ってるぜ!! IMG_4256.jpg