地域限定ソングで話題だった「江古田スケッチ」から40 年…竹内緑郎が伝説を破り東中野で一人芝居&ライブ

もう40年近くなるだろう。「江古田スケッチ」という曲があった。東京の練馬、西武池袋線の江古田を歌った、文字通り“地域限定ソング”のような曲。それも日芸(日大芸術学部)、武蔵大、武蔵野音大の学生を狙ったミエミエの曲で、その狙い通り、この地域の有線放送では1位になるなど話題になった。
で、この曲を歌っていたのが竹内緑郎という伝説の人物。数年前に、この曲が収められたコンピレーション・アルバムが発売されたが、何と発売のレコード会社ーービクターエンタテインメントの担当者は、竹内は既に死んでいると思ったらしく、収録のことを知らせてこなかったらしい。と言うわけで、まさに伝説の御仁である。
2015082923530000.jpg

その竹内緑郎が、伝説を破り東京・東中野駅前にある小劇場で一人芝居&LIVEをやった。もっとも竹内緑郎とは言っても、朝倉薫の名義で劇団を主宰してるしビンボー作家&演出家としても活動している。しかも朝倉薫では、かつて桜井智というアイドル声優をプロデュースするなどで一世を風靡しかかったこともあった。
その御仁も今や…(^^) 聞けば67歳だという。世の中、年金暮らしで悠々自適の生活をしている人もいれば、夢を追い続けている御仁…いや竹内緑郎みたいな初老のオヤジもいる。ま、歳を感じさせない伝説のオヤジってことか。
因みに、一人芝居は「港町奇譚ぼくのマリィ」。正直言って、演出家の割に役者としては上手いというわけでもなかった。こんなものか…ってところか。
劇場が小さいのか?あるいは客入りが良かったのか?どっちにしろ会場は足に踏場もないほどだった。そういった意味では催しとしては成功だったのかもしれない。

iPadから送信

大木凡人、藤正樹、大沢樹生、 森本英世、沢竜二、元オセロの中島知子らが… 六本木での誕生会

2015082916580000.jpg芸能界の暴れん坊とも、業界の妖怪とも言われてる?宮西渡さんに六本木のレストラン&クラブの“FERIA TOKYO”で、誕生会をやってもらった。宮西さんは、かつて”グラビアの女王”と言われた嶋村かおりを世に出しスターダムに押し上げたことで知られる。他にも、千葉真一とも親交が深い。
その宮西さんが1ヶ月半以上も前から準備してくれていた。が、集まった面々は知らない人ばかりだった(^^)きっと、訳もわからずに会場に来たに違いない。
FullSizeRender.jpg

2015082916570000.jpg

2015082916570000.jpg
そういった中で司会業の大木凡人、元オセロの中島知子や元光GENJIの大沢樹生、歌手で「忍ぶ雨」の藤正樹、北島三郎の舞台で知られる役者の沢竜二、敏いとうとハッピー&ブルーのボーカル森本英世…次から次へと来てくれ、「ガラスの十代」を大沢が熱唱したり。みんな、かつてのヒット曲や新曲などを歌ってくれて、まるで夢コンサートのようだった。他にも中村水咲らモデル・グラビア系の子たちもいたが、何か会場の雰囲気とはかけ離れた面々が多かった(^^)
今回は、感謝の意を込めて…。

中森明菜、今年の「紅白」は“ナマ明菜”⁉︎ 新曲と同時に「紅白」全出場シーンのDVDを発売へ‼︎

FullSizeRender.jpg50歳のアニバーサリー・シングル「unfixable」を9月30日に発売する歌手・中森明菜が、シングルと同時に4枚組DVD BOXの発売も準備していた。タイトルは「中森明菜プレミアム BOX ルーカス 〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc.」。タイトル通り過去、明菜が出場した「NHK紅白歌合戦」の歌唱シーンなどを網羅したスペシャル映像で、伝説の秘蔵パフォーマンスを完全プレイバックする。それにしても、このタイミングで、こんなDVDを企画するなんてのは年末に向けて実に意味深である――。
50歳を迎えた第1弾新曲のタイトルが「unfixable(再生不能)」でファンを驚かした明菜が、さらに前代未聞の映像商品の発売を準備していた。水面下で交渉を重ねていた結果、12日までにNHKを含め関係各社が発売に向けて正式合意、発売のユニバーサルミュージックも販売店に向けて情報解禁をすることになった。業界内では「明菜の場合は、所属レコ―ド会社や事務所などが複雑に絡んでいるため、肖像権を含めた権利関係を調整するのが難しかったはずです」と言われ続けてきただけに、ある意味では画期的な映像商品である。
内容は、過去に明菜が出演した「紅白」を含めたNHKの歌謡番組「レッツゴーヤング」「ヤングスタジオ101」などの秘蔵映像。関係者によると出演時間は約400分にも及ぶそうだが、そのほぼ全てをDVD4枚に収録すると言う。
その中で、最も注目されるのは明菜の「紅白」出演映像だ。前述した通り「紅白」の場合、明菜に限らず権利問題などが複雑で、アーティストの出場場面が商品化されるケースはなかっただけに今回は異例中の異例とも言えそうだ。
明菜はデビュー翌年の83年から88年まで6年連続で「紅白」に出場。その後、02年に14年ぶりに復帰、そして12年ぶりに昨年の「紅白」にも出場してきた。「『紅白』65回の中で明菜の出場回数は僅か8回だったが、毎年出場を望む声は高かった。ある意味で彼女の存在感が『紅白』の中でも伝説になってきた」とは業界関係者。
しかも…。
IMG_5800.jpg「紅白」では、一度も同じ曲を歌ったことはなく「禁区」(83年)、「十戒 (1984)」(84年)、「ミ・アモーレ〔Meu amor?・・・〕」(85年)、「DESIRE −情熱−」(86年)、「難破船」(87年)、「I MISSED THE SHOCK」と、80年代の、その年その年の代表曲を歌ってきた。さらに14年振りに復帰した02年には、10枚目のシングルとして84年に発売した「飾りじゃないのよ涙は」を熱唱。そして昨年は新曲「Rojo ―Tierra―」を歌っているが、今回のDVDには、その8回全ての歌唱シーンを収録している。まさに、マニアにはたまらない映像商品であることは間違いない。
「80年代の明菜が年代ごとに再現されている。それも『紅白』という大舞台の映像というのが価値があるのではないか」(前出の業界関係者)。
それにしても、9月末と言ったら「紅白」の出場者がにわかに話題になる時期でもある。明菜にとっても、今年は50歳で節目の年でもある。新曲に続いて今回のDVD‐BOXの発売。ファンにとっては、「次は明菜の復活」と期待しても不思議じゃない。
NHKとしても「(『紅白』に)出てくれるなら、今年はNHKホールで…」となるだろう。もっとも、明菜サイドは「今回のDVD発売と『紅白』出場との因果関係は全くない」と冷ややかなのだが…。
知名日に、明菜が最後にファンの前に立ったのは09年8月で、「開港150周年」で盛り上がる横浜みなとみらい「横浜BLITZ」でのライブだった。もし、「紅白」でNHKホールのステージに立ったら、実に6年4ヶ月ぶりとなる。
いずれにしても新曲&DVD発売は、例年以上の猛暑の中で大きな話題になりそうだ――。

ビデオでは腰つきがいいのに「ダンスが苦手で苦労しました」とは …セクシー♥Jの栗林里莉と澁谷果歩がCD発売でイベント

東京・秋葉原ソフマップアミューズメント館でセクシーアイドル“セクシー♥J”の栗林里莉と澁谷果歩がCD発売イベント。共に“昭和歌謡”で勝負する。
FullSizeRender.jpg
栗林は「キッスは目にして」、東京スポーツの元記者で今や巨乳をウリにしている澁谷は、これまた元祖巨乳アイドル?だった榊原郁恵の「夏のお嬢さん」。
それにしても、栗林は「ソロで歌うのは初めて。歌には自信があるんですが、ダンスはどうも苦手…苦労しました」なんて、ビデオではあれだけ腰つきがいいのに、意味わからん(^^)
因みに、10月23日には渋谷REXでセクシー♥Jのライブ・イベントも決まった。秋には恵比寿マスカッツも再スタートするというが、セクシー♥Jも新メンバー加入でさらにパワーアップするという。今や音楽業界はセクシー・アイドルの方が元気がいい。

あだち充氏が小学館以外で初めて描いた朝倉南。高校野球100 周年記念号の週刊朝日別冊「甲子園」

FullSizeRender.jpg猛暑の中、今年も恒例の「第97回全国高校野球選手権大会」が、明日8月6日から20日までの15日間、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われるが、その高校野球に連動して週刊朝日が発行(3日)しているのが「週刊朝日別冊甲子園特集」。代表49校の戦力が詳しく出ているらしいが、今回は、その中身より体裁に力が入っていると言う。
「高校野球100周年を記念して、人気漫画『タッチ』のヒロイン、朝倉南を表紙にしました」と言う。で、その宣伝担当しているのがM嬢だと言う。ん、M嬢と言ったら…、かつて「サンデー毎日」で編あ集記者をやっていた。そのM嬢が「サンデー毎日」から「週刊朝日」に移って…というわけだ。世の中、誰がどうなるか分からない。
そんなわけで、朝日新聞主催の夏の甲子園は100周年が間近。別冊としてもウカウカしていられないというわけだろう。「あだち充さんが、小学館以外で朝倉南を描いたのは初めてなんです。夏の祭典に華を添えました」。
表紙の舞台は甲子園のアルプススタンド。南は、マウンドに立って熱投する達也を応援している――これは当然なのだが「タッチ」本編では描かれていない甲子園シーンで「別冊『甲子園』で初お目見え」なんだとか。ま、ファンにはたまらないのかもしれない。
さらに、9月1日発売の「週刊朝日」本誌は、南の目線の先で投げる達也が表紙になると言う。今や何でもコミック、アニメである…。

前代未聞!! 中森明菜の50 歳節目の第一弾曲は“再生不能” !? シングルでは初めて全編英語詞の「unfixable 」

50歳を迎えた明菜は”再生不能”!? 歌手・中森明菜の新曲が9月30日に発売されることになった。タイトルは「unfixable」。日本語に訳すと「再生不能」だ。シングルとしては初めて全編を英語で歌っている。明菜は7月13日に50歳の誕生日を迎えた。しかも今回が通算50枚目のシングル。制作担当者は「明菜の拘りで選曲した渾身の作品」というが、ファンには大きな衝撃を与える一作品になりそうだ――。
IMG_3403.jpg
ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきたが昨年の「紅白」で4年3ヶ月ぶりに芸能界に復帰した明菜。その後、1月に新曲「Rojo ―Tierra―」を発売したものの本格的な活動には至らなかった。それだけに一部からは「体調を崩したのではないか」と心配されていたが、実際には海外で極秘レコーディングを行っていた。
制作担当者によると、新曲用に作品を集め渡米後にレコーディングを開始したのは初春からだったと言う。明菜は企画段階から参加、その後は数曲をレコーディングしたと言う。その中から、50歳最初の”新曲”として選んだのが「unfixable」だった。
海外の作家に依頼した作品で「4人の作家による共同制作」だと言う。しかも、タイトルを日本語に訳すと「再生不能」。ミディアムテンポのバラード曲に仕上がっている。ある音楽関係者はいう。
「タイトル的にはネガティブなものだが、逆に見たら明菜自身の励ましともとれる。全編を英語詞にしたのも明菜らしいし、明菜にとっては案外、ポジティブな作品なのかも…。とは言ってもポップス系歌手の曲タイトルとしては異例でしょう。しかも、明菜の新曲だけにインパクトという以上に衝撃的」。
選曲について関係者は「レコーディングした数曲の中から絞り込んでいく中で、明菜が最後まで拘ったんです」という。
「表題曲は英語詞ですが、カップリング曲として収録する予定の『雨月』は日本語詞で、その詞の内容は彼女の活動休止中の気持ちを表していると言うんです。自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…でも、それを乗り越えようと頑張ってきたら、一筋の光が見えてきた…明菜はこの曲を改めて聴いていると涙が出て来ると言うんです」。
音楽活動を休止していた約4年間――明菜の苦悩と病気との闘いの日々、そして「紅白」への出演を決めた心情が、50歳の節目の作品の中で初めて明かされる。
いずれにしても、今年50歳と言う区切りの年を迎えた最初の作品であり、さらに通算50枚目のシングル曲ということから、明菜自身が「自分にとっても、応援をしてくれた一人一人のファンに対して意味のある作品にしたい」と拘っているのかもしれない。

これじゃ福岡市・高島市長もメンツ丸潰れ!? 世界遺産登録に続いて…TGCの北九州市開催裏事情!!

国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」が10月17日に北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で行われる。福岡県の小川洋知事や北九州市の北橋健治市長も大喜びで「地元の活性化にしたい」。 北九州市にとっては、、先ごろ世界遺産に登録された「官営八幡製鐵所関連施設」に続くもので、TGCに5000万円と言う予算を組むなど活気だっている。 それにしても…何で北九州市での開催になったのか?本来だったら新幹線の博多駅のある福岡市だろう。北橋健治市長も「北九州と言ったら暗いイメージばかりがあった」と言うように、本来だったら「あり得ないイベント」であったことは確かだ。そういった意味でも福岡市としても納得できないかもしれない。もしかしたら一番、悔しい思いをしているのは高島宗一郎・福岡市長だったりして…。そりゃそうだろう。地元の関係者は言う。 「高島市長は、元RKB九州朝日放送のアナウンサー。しかも元日テレの小林完吾アナとは親戚です。そういった意味でもプライドは高いし、目立つことが大好きですからね、それがTGCのような大きなイベントをよりによって北九州に持っていかれたことはショックなはずです。福岡市民に対してもメッツ丸つぶれだったと思いますよ」。 だが、関係者によると、TGCが福岡市ではなく北九州市での開催になった裏には高島市長の計算ミスがあったと言う声もある。そういったことから「もしかしたらTGCの北九州市開催には、その俳優が関係しているんじゃないか」と言った噂が…。一体どういうことか? 「実は、この俳優は中国の上海や北京で開催したTGCにも絡んでいたんです。その時に、日中国交正常化45周年と銘打って福岡市でファッションショーの開催を高島市長に打診したことがあったんです。しかも成功すれば福岡市と上海との友好都市終結…とも言っていました。この提案に福岡市長も大ノリだったんですが、企画に横ヤリが入って企画は潰れてしまったと言います。要は、高島市長の気持ちが揺らいでしまったんですけどね」 それから3年。「当時のことを思い出しました。確か、企画を持ち込んできた俳優は北九州市の出身でしたからね。TGCの北九州市開催にも何らかの関わりがあるんじゃないかと…」 北九州市の開催を詮索するあたりは、やはり屈辱だったということか?もっとも、今年、福岡市はAKB48の総選挙で盛り上がったから良かったのかもしれないが「全てに関して情報不足だった」(市関係者)ことは否めない。 因みに、北九州市でのTGC開催は恒例化するとも言われており、結局は福岡市の出る幕はなくなってしまったことになるが…。

紗倉まな、小島みなみ、瑠川リナ、天使もえ…セクシー❤︎Jが真夏の夜のライブ‼︎ 新婚ホヤホヤのみひろはお惚気司会で登場

IMG_5647.jpg

FullSizeRender.jpg
川崎のCLUB CITTAでセクシー・アイドル“セクシー❤︎J”のSummer Festivalが行われた。乙女フラペチーノの小島みなみ、紗倉まなをはじめ、恵比寿マスカッツで知られた瑠川リナ、天使もえ、白石茉莉奈、長澤えりな、栗林里莉、澁谷果歩、香西咲、天海つばさ、あやみ旬果などなど…13人からなる“セクシー❤︎J”。さらに、ゲストとして白木優子、ミリオンガールズZなど総勢三十数人が夢の競演。猛暑の中、真夏の夜のライブ・パフォーマンスを繰り広げた。
FullSizeRender.jpgところで司会は、セクシー・タレントのみひろ。今年5月19日に俳優の下川真矢と結婚した。「結婚できるとは思わなかったので、お嫁に貰ってくれる人がいて嬉しかった」という。
結婚のキッカケは3年前に出演したAskの舞台公演「どんでん」。「舞台の中での絡みはなかったんですが、稽古などの終わった後に、みんなで飲みに行っているうちに気が合っちゃって…舞台出演がキッカケだったんですが、舞台とは全く別なところで関係を深めました」。
結婚生活は順調で「穏やかな日々を過ごしています」と惚気ていた。もっとも結婚する前から「同棲時代」だったというのだが…。

浜崎の元カレの“マロ”こと内山麿我。浜崎ネタは話題作りだった!? 自らの夢はシンガーでアルバム発売!!

IMG_5566.jpg
最近、浜崎あゆみの元カレとして話題になったダンサーの”マロ”こと内山麿我と東京・秋葉原の某所で会った。
その”マロ”は、7月に入ったら一般女性と結婚していたことが明らかに。女性誌から「浜崎との関係を赤裸々に言っておきながら…」などと書かれ”時の人”となった。が、これが「やはり」というか、ちゃっかり仕掛けがあった。何とアルバムを発売してシンガーとしてデビューしていたというのだ。さすが話題作りも”浜崎譲り”だった。
それにしても4月の「全国統一地方選挙」では渋谷区議会議員選挙に無所属で立候補して驚かせたが、選挙後の5月6日には1stアルバム「FAKE」を発売していたというから凄い。二度ビックリ?である。因みに、選挙は…投票の結果229票で、もちろん落選(50名中48位)だった。当然だ。世の中を舐めちゃいかん(^^) しかし、彼は負けていなかった。
「これからはシンガーとして頑張っていきたいと思っているんです。よろしくお願いします」。
思わず「じぇじぇじぇ」である。
「シンガーになっちゃうの?じゃ、ダンサーはどうするのよ。やっぱり”ダンサー・マロ”じゃないと…」
「いやいや、もともとシンガーになりたかったんですよ。もちろんダンサーの仕事を辞めたわけじゃないですけどね。これからは”シンガー・マロ”も応援してください」。
10歳のときにダンスを始め、16歳でプロのダンサーとして活動をスタートした。
浜崎あゆみのミュージックビデオに多数出演していて、12年には浜崎のライブの振り付けを担当している。浜崎の他にも安室奈美恵や倖田來未を始め後藤真希などのバックダンサーも務めてきた。
音楽ばかりではない。寺西一浩 脚本・監督の映画「東京?ここは、硝子の街?」にも出演し役者としてもデビューしている。
因みに、アルバム「FAKE」は浜崎の作品を多数手がけてきたHΛL(ハル)がサウンドプロデューサーを務めている。
それにしても気づいたらアルバムのプロモーションで、ヘッドロックもしっかり利用されていた。

世界遺産に続いて…福岡県と市も共催――北九州市で「東京ガールズコレクション」。山田優ら出席で記者会見

2015073016470000.jpg国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」が10月17日に北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で行われることになり30日、モデルの山田優らが出席して記者会見が行われた。福岡県や北九州市も共催する。
会見には小川洋知事や北橋健治市長も出席し、小川知事は「これをキッカケに北九州市の魅力を全国に発信したい」と言い、北橋市長も「北九州市といったら暗い事件のニュースが多かったがTGCの開催でイメージを一新したい」。
北九州市は、先ごろ「官営八幡製鐵所関連施設」が第39回ユネスコ世界遺産委員会で世界文化遺産に登録された。それに続くTGC開催だけに「イメージアップの大きな起爆剤になることは確か。文化都市として大きな飛躍にもなる」と実行委員会の佐藤竜司氏(写真)。
image3.jpg
今回の記者会見に先立って北九州市は、TGCの開催予算として5000万円を盛り込むなど、過去最大の予算(5873億円)を組んでいる。市関係者も「市のイメージアップを図る絶好のチャンス」と言う。実行委員会は約1万2000人の来場を見込んでいるというが、ネットでは「行きたい」という声が高まっている。
因みにTGCは今年10年目。九州での開催は宮崎県、沖縄県に続いて3ヵ所目だが、業界内では最大の有力候補だった福岡市ではなく、ノーマークだった北九州市での開催になったことに一様な驚きを見せている。「北九州市出身者の何らかの働きかけがあったんじゃないか」という声もある。余談だが、NHKの籾井会長の出身も北九州だとか…。
TGCは「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに開催している。そういった中で、09年からは「地域産業活性化プロジェクト」として地方都市・産業のプロモーションステージやブース展開の他、地方都市でのTGC開催を実施してきた。そして、今後は”TGCブランド”として全国で地方都市とのコラボレーションイベントを積極的に展開、地域経済活性化を図っていくと言う。北九州市での開催は、その第1弾だという。
2015073016470000.jpg前出の佐藤氏は「北九州市での開催は、今後のTGC開催のモデル・ケースとなっていく。そういった意味で北九州市としても、1回だけで終わらせるのではなく、来年以降も続けていきたいと思っている」と意欲を見せている。
ここ数年、人口の低下が深刻化しているのも事実。それだけに「センスのある町づくりが急務となっている。町の活性化と言う意味においても知名度の高いTGC開催は大きな意味がある」という声もあり、今後は「北九州をアジアの玄関口に」という狙いも見え隠れしている。
当日は山田優を始め今井華、玉城ティナなどモデルが多数出演する他、ライブの開催も予定している。