“必殺・京本政樹”が新曲発売で全国キャンペーン。シンガーソン グライター30 周年を過ぎ音楽的にはこれで一段落!?

新曲「Doubt〜ダウト〜」を4月1日に発売した“必殺・京本政樹”が渋谷タワーレコードでトーク&握手会イベントを行った。どうしても“必殺”のイメージが強い京本だが、実はシンガーソングライターとの二足わらじ。しかも昨年、シンガーソングライターとして30周年を迎えBOXアルバムも発売した。
IMG_4301.jpgFullSizeRender.jpg「一般的には役者のイメージが強いから、どうしてもシンガーソングライターとして活動をしていることが知られていないんだ。でも、最初の頃は渋谷公会堂とか日比谷野音なんかでライブもやっていたからね」。
現在、放送中のニッポン放送「京本政樹のラジとばっ!」も5年目。昨夜は「オールナイトニッポンGOLD」の生放送だった。その「オールナイト〜」も3回目だという。番組は音楽的な要素が大きい。それだけに、ファンばかりではなく若いリスナーも多い。
「だからって言うことでもないけど、若い人にも聴いてもらえるような曲を書いてみたかった」と言う。そんなこともあって、今回の新曲「Doubt〜ダウト〜」は、今のロックテイストで書き上げたとか…。「まあイメージ的にはミスチルのような感じかな…。で、今回はミスチルのアルバムを聴きまくりましたよ」と冗談ぽい口調で言う。
いずれにしても、京本は真剣に新曲と向かい合ってる。30周年だった昨年は「滝沢秀明との舞台があったりで、スケジュールが取れなくてキャンペーンが出来なかったんですよ…」というが、今年はスケジュールを音楽活動に合わせた。今回のトーク&握手会イベントは大阪に続くもので、来週以降は名古屋、福岡と回る。
FullSizeRender.jpg 現在56歳。
「今回の新曲、イベントで音楽的には一段落しようと思ってるんですよ」。
どういう意味か?
「今回のようなアイドル的なイベントというのは、これが最後だと思っているんですよ。とにかく今の気持ちとしては30年間、シンガーソングライターとして現役で続けてこられただけでもよかったと思っているんですよ」。
新曲を出して全国を回るのは大変だ。それを続けてきたのは、やはり京本の底力だったのかもしれない。今の時代、なかなかできることじゃない。今後は、役者の比重が高まるのだろう…。
…と言って、音楽活動を完全にやめてしまうってことでもないようだ。ラジオ番組「京本政樹のラジとばっ!」は今後も続く。続く以上は、少なくとも音楽活動からも離れられないはずである。

サスケとビッグダディのトークライブにテレンスリーの制止を押し 切り? 慶大生シンガーの桑名愛素佳が飛び 入り“激白”出演!!

ザ・グレート・サスケのトークライブが新宿ロフトプラスワンであった。で、ライブのメインはサスケとビッグダディとの対談「さらばさらばビッグダディ 五十路記念、男と女は○○○○だあ TVでは言えない話をするぞ!」だった。
FullSizeRender.jpg
結婚と離婚を繰り返し、挙句の果ては火事……。どんな話をするかと思ったら、子作りと栄養の話…つまんねェ〜。司会のネェーちゃん“iPad 尻アイドル ホンメイ”なんてのはミスキャストだった。とにかく、他にも大食い選手権でお馴染みの中村ゆうじ、世界最強のミュージシャン矢口壹琅、日本一ネットで顔写真が使われている大川竜弥、先祖が5000円札で有名なアクア新渡戸…いろいろと出てきたが、実にゆる〜いトークライブだった。
もっとも驚いたのは、単にライブの宣伝で井上昌己が来たことだった。
が、そんなトークライブを一気に盛り上げたのは、あの傭兵のテレンスリーに弄ばれたと訴える慶大生シンガーソングライターの桑名愛素佳(クワナ・アスカ)が飛び入り出演したことだった。
ウソかホントか写真誌「FRIDAY」で激白(告発)、そして最後にはヌードまで披露した。ここまでやったら“売名行為”と言われても仕方ないが、桑名は「すべて事実です」。テレンスリーも災難と言ってしまえばそうだろう。しかし、テレンスリーも傭兵だったはずなのに…危機意識の欠如だったことは否めない。それより、彼女を満足させることが出来なかったとも。
FullSizeRender.jpg
いずれにしても「弄ばれた」と言われちゃったのは辛い。しかも「18回やられちゃいました」。もはや言われたい放題。
今回のイベントに対してテレンスリーは、企画・主催者関係者にLINEで「今夜のイベントに俺を嵌めたバカ女が出演するそうですね。再三にわたり出演させないようお願いしたんだけどダメでした。(中略)バカ女に関係する連中とは一切共演も交際も不可なんで、今後はお付き合い出来なくなります」と送ってきた。
一方、桑名の事務所も負けちゃいない。
「(イベント出演について)テレンスリーから中止を求められ、警察には不当介入され、売名を疑われた桑名は一時、警察圧力により出演しない旨の念書を取られイベント出演も揺れましたが、警察側からも理解して頂き出演が決定しました」「今後、桑名は今回の経験を踏まえDV、ストーカー被害者を支援発表とCDリリースの予告をする」とコメントしていた。
もっとも桑名は「音楽のことを、ちゃんとやってくれたらよかったんです」。ってことは、単に目的は…?「電動歯ブラシで、一番敏感なところを…」。まるでAVだ。いやいや慶大は軟派だって言うけど…実感。それも学生証付きでの激白だった。
FullSizeRender.jpg
ただ、トークライブ出演者からは「テレンスリーも言いたいことがあるなら…。彼女も堂々と来てるんだから、ここで決着つければよかったのに」と言っていた。
いずれにしても、イザとなると男は弱い?桑名は最後に「テレンスリー出てこい」と笑顔で吠えていた。女は怖い!!

活動休止の5人組アイドル“青春!トロピカル丸”のリーダー百川晴香が新ユニット“RuRian”を結成し再活動!!

今年1月に活動休止した5人組人気アイドル・ユニット青春!トロピカル丸のリーダーだった百川晴香(ももはる・はるか=19歳)が、新たなユニットRuRian(ルリアン)を結成して再活動することになった。4月18日には東京・渋谷クワトロでお披露目ライブを行い、今夏のメジャー・デビューを目指す。
青春!トロピカル丸は4年前の11年に怪傑!トロピカル丸から派生したグループとして結成された。百川を中心とした5人組でライブを中心に活動し人気を集めてきた。主演映画「カマトト」も今年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」で上映されている。もっとも、人気の中心はリーダーの百川だったらしい。ってことは4対1だったってことなのか?アイドルの内情は分からないが、今年1月末でユニットとしての活動を休止、リーダーの百川だけが「新たな活動」となった。いずれにしても「もっと活動の範囲を広げたい」と思ったのだろう。それが今回、新たに結成したRuRianだった。
FullSizeRender.jpg
ユニット名は「造語」。フランス語のル・リアン=絆を大切にするという意味が込められているそうで、百川によると「青春!自然!全力愛!がテーマ」だとか。何か、同じ事務所で篠崎愛が結成していたAeLLに似ているような…。ま、色々と勘繰りたくなるが、基本的には「3つのテーマで、さまざまな活動をしていきたい」と言う。いずれにしても青春!トロピカル丸では実現できなかった新しい時代のアイドルを実現したいということか!?
メンバーは百川の他、山下はるひ(18)、田中可恋(17)、江室里香(18)、佐藤絵里香(17)で、平均年齢は18歳。ま、アイドルなんだから可愛けりゃ、どんなユニットでも何でもいい。
因みに、百川は公開中の篠崎愛主演の映画「東京闇虫 パンドラ」や今夏にも公開される映画「向日葵の丘―1983年夏」にも出演している。

六本木にもご当地アイドル!? “あやまんJAPAN”が宿敵・サラリーマン軍団と対決イベント…その隠された狙い

「あやまんJAPAN vs リーマンマイク」というイベントが六本木のバーレスクTOKYOであった。
「書かなくてもいいから来てくれ」と言われ、行ったが…。
“あやまんJAPAN”は自称・六本木のご当地アイドルらしく、噂には聞いてはいたが、正直言ってアイドルには程遠い感じ。しかし、それでも「週刊プレイボーイ」なんかのグラビアに登場しているんだから、不況の出版業界は何でもアリってことだろうか。
一方の“リーマンマイク”は現役サラリーマン。こちらの論評はなし。…と言うより「あっ、そう…」って程度。
IMG_4200.jpg

IMG_4204.jpg
要は、この二組が“宿敵のステージ対決”というわけだが、確かに、どーでもいいようなイベントだった。ところが、何が楽しいのか、一般客が多数入り盛り上がっていたのにはビックリ。それどころか、マスコミも数社来ていて、女性記者が真剣に質問していたのには二度ビックリ。そもそも、質問をされている“あやまんJAPAN”は、冗談交じりに答えているんだから、そんなのロクな記事になるわけがない。ま、記者より一枚も二枚も上手ってことか。
IMG_4222.jpg
で、このイベントの主旨は何だったのかと言ったら、要は“あやまんJAPAN”のメンバー募集だった。果たして、応募者がいるのか?そっちの方が興味深い…

JVCケンウッドが「テイチク」の持株総てを名古屋のカラオケ事業者「エクシング」に売却!!

 テイチクエンタテインメントの売却が決まった。
 大株主のJVCケンウッドは持ち株(96.08%)の総てを、カラオケ事業を手掛ける「㈱エクシング」に譲渡することで合意した。
「㈱エクシング」は名古屋のカラオケ業者。平成4年に設立された会社。かつては、レコード会社と言えば、電気メーカーが多かったが、ここにきて「第一興商」傘下の日本クラウン、徳間ジャパンコミュニケーションズと、カラオケ産業とレコード産業の融合化?という流れに…。もちろん、日本コロムビアの親会社がIT関連事業会社の「フェイス」のように、今後はヤフーなんかも参入してくるかもしれない。いずれにしても、レコード産業も大きく変貌する可能性大である。
それにしても、今回の譲渡。JVCケンウッドはエクシングにいくらで売却したのか?「守秘義務」とかで公開されていないが、現時点の売上げ高は70億円。ただ、そうは言ってもカタログは多い。やはり20~30億円程度だろうか…。いずれにしても今後は、人員削減とかリストラってことになるのかもしれない。

研ナオコの45周年記念盤に玉置浩二が書き下ろし新曲‼︎ 今年は「紅白」と「レコ大・アルバム企画賞」目指す!!

歌手デビュー45周年を迎えた歌手の研ナオコが記念盤「雨のち晴れ、ときどき涙」を5月13日に発売する。スタンダード作品と描き下ろし作品で構成したフルアルバム。研は「今年は音楽活動に全精力を注ぐ」と意欲満々で、年末には「日本レコード大賞」のアルバム企画賞と22年ぶりの「紅白」復活を目指す――。
研は、新曲とカバー曲を合わせたミニアルバム「一途」を4年前の11年に出しているが、フルアルバムは08年7月の「LOVE LIFE LIVE 弥生」以来、実に7年振り。しかも、関係者によると前2作は研のプライベートレーベルから「通信販売のみ」で発売されたそうだが、今回はキングレコードが販売を行うことになったことから実に15年ぶりのメジャー・アルバムとなる。
同アルバムで研は「アカシヤの雨がやむとき」や「夢芝居」「別れの朝」。さらには中島みゆきの「糸」などを選曲しているが、その一方で、玉置浩二や中村中が研のために新曲を書き下ろし、BEGINの「恋しくて」のカバーでは、高見沢俊彦が新たにアレンジ、THE ALFEEがコーラスを買って出るなど、デビュー45周年の記念盤を豪華な顔ぶれで彩ることになった。
中でも、玉置が書き下ろした「ホームレス」は、「かもめはかもめ」(中島みゆき)、「泣かせて」(小椋佳)と並ぶ渾身のバラード曲に仕上がっている。制作関係者も「玉置さんが、これほどまでに研ナオコのボーカルにぴったりの作品を書き下ろしてくださるとは思ってもなかった。平成の代表曲になることは確かです」と驚きを隠せない。その上で「この作品で、今年は年末に突き進んでいきたい」とも。
研は、45周年とアルバム発売に合わせ、5月26日の北上市文化交流センターを皮切りに全国ツアーも繰り広げる。「今年から来年にかけて、全国各地を感謝の意味も込めてくまなく回りたい」と言う。

【スタンダードアルバム「雨のち晴れ、ときどき涙」収録曲】
1 アカシアの雨がやむとき (詞:水木かおる/曲:藤原秀行)
2 舟唄   (詞:阿久悠/曲:浜圭介)
3 別れの朝 (詞:Joachim Fuchsberger 曲:Udo Juergens/訳詞:なかにし礼)
4 壁の向こう(★書き下ろし新曲 詞:中村 中/曲:中村 中)※中村 中の書き下ろし新曲
5 ちっちゃな時から(詞:浅川マキ/曲:むつひろし)
6 恋しくて (詞:BEGIN/曲:BEGIN) ※編曲:高見沢俊彦/コーラス:THE ALFEE
7 夢芝居  (詞:小椋佳/曲:小椋佳)
8 糸    (詞:中島みゆき/曲:中島みゆき)
9 忍冬   (詞:ちあき哲也/曲:杉本真人)
10 ホームレス(★書き下ろし新曲 詞:玉置浩二/曲:玉置浩二)※玉置浩二の書き下ろし新曲

「売れたら、お返しするから…」。“業界の妖怪”宮西渡さん がホンキに売れると信じている“浪ちひろ& 張麗華”とは…

FullSizeRender.jpg“業界の妖怪”こと宮西渡を囲む会「宮西会」が東京・飯倉のレストラン、ブルーシャトウで。この店は、あのジャッキー吉川とブルーコメッツに因んだ店で生演奏がウリになっている。その店で、今回は宮西さんイチオシの“浪ちひろ&張麗華”の歌「ぽろり」を聴く…というのが主旨だった。
宮西さんといえば、かつて200誌とも300誌とも言われるぐらい週刊誌や月刊誌、雑誌の表紙を総ナメしたことで知られ、写真集だけでも20冊を出してきた伝説のグラビア・アイドル、嶋村かおりをスターダムに押し上げたことで知られる御仁。その宮西さんも今や74歳。で、何故か力を入れているのが“浪ちひろ&張麗華”だというから「なるほど…」とも思えるのだが、これがホンキで売れると信じている。
浪ちひろは、北海道・利尻島出身で「男気のある渋いボーカルと、飾らない人柄が魅力」なんだとか。すでに日本クラウンからCDも出している。
一方の張麗華は、中国人の父親と日本人の残留女性との間に生まれた(中国・天津出身)という。これまた驚くのはテレ朝「徹子の部屋」や「ニュースステーション」(「情報ステーション」ではない)、NHK「ミッドナイトジャーナル」に出演したり、香港、英BBCでも紹介されているらしい。何だか分からないが有名な歌手のようだ。
いずれにしても、宮西さんの直感なのだろう、ホンキでイケると思っているようで「売れたら、お返しするから…」と耳元で囁かれた。こうなったら、宮西さんの感性を信じるかどうかってことであるが…。
ま、売れるか売れないかは結果。ただ、70歳を過ぎても「売りたい」というエネルギッシュな気概を持ち続けているのは、それが何であれ、素晴らしいこと、見習いたいものである。
IMG_4034.jpg
しかし、店には次期横浜市議会選に出馬するという“次世代の党”所属の佐々木信也氏や現役の競馬ジョッキー、某シンガソングライター、モデルの姿も…。宮西さんの交際範囲も幅広かった。

ビデオだけじゃない!? CDでもアダルトを攻めていきたい!! 白石茉莉奈と天使もえがソロ・デビュー

holiday-securedownload.jpg
きょう18日にソロ・デビューしたアダルト系の人気セクシー・アイドルの白石茉莉奈(しらいしまりな=28歳)と天使もえ(あまつかもえ=20歳)。既に2人は紗倉まな、小島みなみ、瑠川リナ、長澤えりならとセクシー・ユニット?セクシーJ?を結成して「セーラー服を脱がさないで」を発売している。それにしてもCDが低迷する中、地下アイドルならぬアダルト系のセクシー・アイドルが一気に音楽業界に殴り込みをかけてきた――。
holiday-?????Q.jpgholiday-?V?g?P.jpg「これまではAVで活動してきましたが、今後は歌手活動でも頑張っていきたい」。
アダルト系のアイドルが低迷するCD産業に続々と進出してくる。すでに、紗倉まなと小島みなみは、ユニット?乙女フラペチーノ?を結成し「後ろから前から」で歌手デビュー、続いて?マスカット?で人気だった瑠川リナも「17歳」でソロ活動を始めている。
そういった中、今度は白石茉莉奈が「1986年のマリリン」。さらに天使もえも「亜麻色の髪の乙女」を発売し揃ってソロ・デビューしてきた。
「幼少の頃から歌手は夢だった」という白石は、歌手としてソロ・デビューが決まって「人生の中で一番緊張している。緊張しすぎて臓器が飛び出しそう」と興奮気味だ。で、ソロとしての第一弾曲は本田美奈子.さんの作品となった。
「私の生まれたのが1986年なので、絶対に歌いたいと思っていたんです。本田美奈子さんをリスペクトしているので本田さんのファンにも納得して頂けるように一生懸命に歌いたい」
と意欲を見せていた。
holiday-???????V?g?Q.jpg一方の天使は「まさか歌手デビュー出来るとは思ってませんでしたが、CDを出す以上は本気に歌も頑張っていきます」と目を輝かせる。因みに「亜麻色の〜」については、かつて島谷ひとみもカバーしていたが、今回は「どちらかと言うと原曲(ヴィレッジ・シンガーズ)に近いアレンジになっています」。
5月には長澤えりなのソロデビューも決まっている。
関係者は「昭和の歌謡曲をカバーさせ、歌手活動でもアダルトを攻めていきたい」と意気込みを見せていた。

北陸新幹線開業…盛り上がりムードに乗り遅れた新潟県は?小林幸子が上越妙高駅でお出迎え

IMG_3864.jpg

北陸新幹線の東京―金沢間が開業になった14日、長野や富山、金沢では大盛り上がり。経済効果はどうだとか、観光客が増えてホテルが足りないとか…。そかし、そんな盛り上がりに何となく遅れた感じだったのが新潟県だった。そんなわけで「新幹線の停車駅は新潟県側にもある」とでも言いたかったのだろうか?開業直前になって上越妙高駅(上越市)と糸魚川駅(糸魚川市)も便乗してきた。中でも上越妙高駅では、演歌歌手の小林幸子が、泉田裕彦・新潟県知事とともに乗降客に手を振るなどして北陸新幹線を出迎えた。また住民らも、この日に合わせてお出迎え隊を結成。「ようこそ上越妙高駅へ」などと書かれた横断幕を掲げていた。…とは言っても結局は「通過駅の盛り上がり」でしかなかった?

日本から400カップルが参加!! 文鮮明氏が亡き後Web登録になった統一教会恒例”合同結婚式”

IMG_3705.jpg
しばらく忘れていたが…。世界基督教統一神霊協会(統一教会)の伝統行事「合同結婚式」が、韓国ソウル郊外の清心ピースワールドセンターで行われた。かつては「(創設者の)文鮮明氏のマッチングで結婚相手が勝手に決められた」なんて言われ、何かと社会問題にもなっていた。が、ここ2〜3年は「ネット登録の婚活」で相性の合った相手を見つけ、合同結婚式に参加する――なんていうカップルが中心となったらしい。その甲斐もあってか参加者は増加傾向にあると言う。
「合同結婚式」は、92年に元新体操選手の山崎浩子や女優で歌手だった桜田淳子が参加したことで社会的問題となった。…と言うのも、統一教会に入信していたことを明かした彼女たちは文鮮明氏によるマッチングで結婚相手が選ばれ、同教会の「広告塔」として合同結婚式に参加したと批判され続けてきたからだ。それから23年。その合同結婚式はどうなったのか…実は、その後も行われていた。ま、それは当然と言えば当然だろう。しかし、その中身は大きく様変わりしているという。
変わり初めてのは、3年前の12年に文鮮明氏が亡くなってから。教会関係者聞くと「ここ1〜2年は信者がウエブで登録して、相性の合ったお相手を紹介するシステムを取るようになりました」。
相手を紹介されたら互いに連絡を取ってデートを重ね「お互いに納得の上で結婚を決める」というのだ。要するに合同結婚式のための「婚活サイト」が開設されたと言うわけだ。「かつては文先生のマッチングで結婚相手は決められていました。ただ、文先生には霊的なパワーがあったことは事実です」。
…とは言っても、気に入らなければ断ることは可能だったらしい。「韓国人の信者は気に入らなければ平気で断っていましたからね。でも、日本人は比較的に断りませんでしたね。文先生のマッチングに従う人が多かったですね」。争いごとを好まない日本人ならではの行動だったのだろうか?
それが、文氏が亡くなってからは、結婚相手はウエブ登録に代わっていったという。「ウエブにしたところ、特に日本人からの評判が高まりましたね。登録者は日ごとに増えています。とにかく条件を明記して登録しておくと必ず相手が見つかります。最終的にはお互いの相性と意思だけです」。
正式に結婚が決まると「平均で150万円前後」と言う高額な「祝福献金」をしなければならない。ま、信者になりすましてウエブ登録をして結婚相手を探したとしても、これだけの高額な「祝福献金」を強いられるとしたら「信者だったら納得できるでしょうが…」。しかも、一方では「必然的に真剣さが増し離婚も少なくなる」と言うのだが…。
FullSizeRender.jpg
今年の合同結婚式には韓国や日本、米国など全世界80数ヵ国から新婚800組、既婚3000組の3800組が参加者した。その中で日本人はおよそ400カップルだと言う。世界各国の中でも日本人の参加者が一番多いというから驚きである。
それにしても今回、清心ピースワールドセンターで行われた合同結婚式は何とも言えない雰囲気だった。