オーディオ・ソフト売上げ2000億円割る!! アーティスト別は“嵐”が54億5700万円で2年連続首位!! 関ジャニ過去最高益で2位

㈱阪神コンテンツリンクは、2014年の「オーディオ・ソフト売上動向」を公表した。同調査結果は、ライセンス契約を結んでいる「サウンドスキャンジャパン」(現ニールセン・SoundScan)が全米で構築した音楽市場調査システムを日本仕様に改良・再構築し「サウンドスキャンジャパン(SSJ)システム」として導入したもの。
売上推定している市場は、リアル店舗市場(CDソフト販売店、レンタル店、家電量販店、書籍店)と、Eコマース市場で売上げたPOSデータを合算、全国推定売上数を算出している(スーパー、コンビニエンス・ストア及び通販・訪販、また独占流通商品など特販ルートの売上実績は含まれていない)。
今回公表した売上動向のデータは、14年 (13年12月30日~14年12月29日までの52週間。
と言うことで、まずはオーディオ・ソフトだが――。
14年総売上金額は前年を166億円、率にして7.8%減の1964億9300万円となり、95年からの調査以来初めて2000億円の大台を割り込んだ。一方、販売数量では、前年から972万枚の減少で約8485万枚と、こちらは前年比89.7%と大幅な落ち込みとなった。
続いて、アルバム・シングル別の売上げはどうか。
共に金額・数量は前年を下回った。もっとも、アルバムの金額は前年比7.5%減で、13年の12.4%という減少よりは穏やかだった。しかし、シングルについては前年比で9.9%も下回り過去4年間で最も下げ幅が大きかった。
売上を邦楽、洋楽で比較すると、82:18で、前年の83:17より若干洋楽の比率が高くなった。また、ジャンル別売り上げも邦楽は前年より9.6ポイント下がっているのに対して、洋楽では逆にプラス1・1ポイントとなった。特に洋楽・ロック&ポップスでは3.4ポイントの上昇となった。これはディズニー映画「アナと雪の女王」のオリジナルサウンドトラックが好調な売り上げになったことによる(同作品は日本語曲も含め洋楽アルバムにカウント)。
また、アニメ分野の売上げを前年と比べると、アルバムは14.3ポイント増に対してシングルは18.6%減で、合わせると4.4%の増となった。これは、前述の「アナと雪の女王」の他、「ラヌライブ」「The IDOLM@ASTER」に登場する架空のアイドルなどアニメ内のキャラクターが歌うと言う商品が大量にリリースされていることが好調の要因となっている。
アーティスト別売上金額では人気グループの「嵐」が54億5700万円で2年連続でトップ。さらに昨年に自身のレーベルを立ち上げた関ジャニ∞が過去最高の36億0500万円となり2位、他にもKis-My-Ft2が4位、SMAPが9位とTOP10中4組がジャニーズ系となった。他にはEXILEの後輩の三代目J Soul Brothersが6位、EXILE ATSUSHIのソロ作品が10位。さらにEXILEの妹分、E-Girlsが11位と、EXILE TRIBE全体の活躍が過去最高に目立ったのも大きな特徴。
因みに、売上げ20億円以上のアーティスト数は、12年が10組、13年が7組だったことを見ると、14年の4組は大きな減少だった。
最後にメーカー別で見ると、総合1位は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが6年連続でトップとなった。西野カナ、いきものがかりなどの邦楽作品、ワン・ダイレクション、ファレル・ウィリアムスなどの洋楽作品ともにバランスよくヒットしたことが大きな要因だった。
また、アルバムの「総合」ではユニバーサル ミュージックが1位。これは福山雅治のオリジナルや、長渕剛、さらには中森明菜のオールタイムベストなどが大きく貢献した。一方、シングルでは、Kis-My-Ft2、東方神起、SKE48、EXILE TRIBEなどスターの多いエイベックスが1位を獲得した。
洋楽アルバムでは、ユニバーサル ミュージックがダントツの首位。

■アーティスト売上げ
1 嵐  54億5700万円
2 関ジャニ∞  36億0500万円
3 AKB48  35億7800万円
4 Kis-My-Ft2  33億6600万円
5 安室奈美恵  19億9500万円
6 三代目J Soul Brothers  17億1300万円
7 東方神起  15億9400万円
8 福山雅治  15億0200万円
9 SMAP  14億8700万円
10 EXILE ATSUSHI  14億4600万円
11 E-Girls  12億4500万円
12 BUMP OF CHICKEN  12億2600万円
13 西野カナ  12億1200万円
14 少女時代  11億6300万円
15 May’J  11億5300万円
16 u’s  11億2300万円
17 Hey! Say! JUMP  11億1400万円
18 NMB48  10億3900万円
19 竹内まりや  10億3900万円
20 クリスハート   9億6600万円
合計        369億9800万円

■メーカー別占有率
1 ソニー・ミュージックエンタテンメント  15.5%
2 ユニバーサルミュージック  15.1%
3 エイベックス・グループ・ホールディングス  14.3%
4 キングレコード  4.8%
5 ワーナーミュージック・ジャパン  4.7%
5 ジェイ・ストーム  4.7%
7 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント  4.2%
8 ポニーキャニオン  3.1%
9 ランティス  2.7%
10 日本コロムビア  2.6%

マカオの“カジノ王”の甥の逮捕、送検で老舗ホテル“リスボアホテル”から名物の“回遊魚”が消滅!!

2015012400260000.jpgマカオに異変が起こっている。
マカオではカジノ王と崇められているスタンレー・ホー氏の甥で、マカオ最大のカジノ企業SJMホールディングスの役員、アラン・ホーがマカオ警察によって逮捕、マカオ検察庁に送検されたと言う。一体何が起こっているのか?
今回の事件。何ともマカオらしくないのだ。と言うのは、アラン・ホーの逮捕は「売春組織運営容疑」での摘発だったからだ。
2015012400270000.jpgマカオに行った御仁なら誰でも知っている老舗ホテル「リスボアホテル」。このホテルには、マカオ名物とも言われる回遊魚がいるが、ホーの逮捕で、この回遊魚が消えたのだ。
早速、現地に行ってみたら、見事に回遊魚はいなく、周辺は閑散としていた。これには、さすがにレストランも暇そう。まさに大打撃である。
実は、この事件、ホーだけが逮捕されたわけじゃない。何とホテルの役員や従業員、さらには回遊魚たちも含め102人が逮捕、拘束されたという。まさに一網打尽だ。聞くところによれば、ホーは「リスボアホテル」の役員だと言うのである。
いずれにしても、今回の摘発によってマカオでの売春は4割前後が消えたとも言われている。
ホー以下の容疑は「リスボアホテル」で、大型売春組織を1年以上運営してきたことだという。
マカオ警察の報道官によれば
「リスボアホテルでの2013年から売春営業を行っていた」
えっ!? 2013年からなの? マカオの名物にもなっていたのに!! これには意味が分からない…
「ホー以下、逮捕された6人はホテルの職員は売春組織の経営陣だった。彼らは職権を利用して売春婦にホテル内に100室もの部屋を割り当て、1人当たり1年30万円程度の組織加入費(登録料)と1ヶ月15万円以上の保護費を徴収していた。これで(ホーらは)年間約60億円以上の利益を得ていた」
因みに、1回あたりのサービス料金は2万5000円〜7万5000万円程度。
正直言って、これって、マカオじゃ普通なったんじゃないの?とは思ったのだが…。
ただ、驚いたのは、報道官によると、警察が入手した証拠によれば
「2014年から2015年1月初めまでに、少なくとも2400人もの女性の部屋割り当てリストがあった」。
と言うのだ。
改めて記しておくと今回、逮捕・拘束された回遊魚と呼ばれる売春女性は96人だ。彼女たちは「リスボアホテル」内のロビー付近の通路を歩き回って客引きを行っていた。殆どは不法滞在の中国本土出身者だった。しかも
「逮捕、拘束した女性の中で10人は偽造IDを所持していた」
いずれにしても、売春組織の摘発としては、1999年のマカオの中国返還後、最大規模のものだった。しかも、ホーは、マカオの旅行代理店協会の会長やホテル経営者協会の副会長なども務める超大物。そんな人物を逮捕するとは。地元では「中国・習近平国家主席の汚職撲滅運動の一環」とも。
それはともかく、これじゃマカオの魅力が半減したようなもの。
一時は米ラスベガスを超えたとも言われたマカオだったが、今後、一気に減少方向に向かうことは明らかである――。

“紅白”で笑顔がなかったから!? レコーディング・シーン…中森明菜の笑顔が満載のDVDが新 曲シングルの映像特典で。

IMG_3356.jpg今週の21日に発売される中森明菜の新曲「Rojo ―Tierra―」に、明菜のレコーディングを収録したDVDが特典映像として添付されることになった。昨夏に発売されたオールタイム・ベストアルバム2作品が30万枚を超えるビッグ・セールスになったことから、明菜の元気な笑顔をファンに届けたいと急きょ決定した。
ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきたが昨年の「紅白」で4年3ヶ月ぶりに芸能界に復帰した明菜。1月21日には5年4ヶ月ぶりの新曲シングル「Rojo ―Tierra―」を発売するが、明菜のシングルとしては初めて?DVD付?で発売されることになった。
「応援してくれたファンに対して恩返しをしたい」。
明菜の意向もあって、急きょ、シングル特典としてDVDが添付されることになった。映像内容に関しては明菜を含め「検討に検討を重ねた」そうで、最終的には「現在の明菜の元気なを届けたい」と、新曲のレコーディング映像に、スタジオでのオフショット映像を加えた内容に仕上げている。「“紅白”での明菜は笑顔が少なかったので、DVDではひょうきんな明菜など日常の姿を出来るだけ盛り込み、素顔の明菜を最大限に引き出しています」と関係者。
いわゆるミュージックビデオとは異なり、どちらかと言うとドキュメント的なテイストで編集しているのが見所となりそう。約6分程度の映像作品だが「新曲もフルで収録しているので、何度でもリピートして楽しめる映像作品になっている」とも。
何度も記してるが、新曲タイトルの「Rojo(ロホ)」はスペイン語で「赤」、また、サブタイトルの「Tierra(ティエラ)」は「大地」を意味している。明菜の現在の意欲を示した新曲だそうで「明菜のボーカルを前面に出し、情熱的な作品に仕上げた」と制作担当者。サウンド的にはアフリカサウンドのダンスミュージックとなっている。
新曲発売の翌週の28日には歌姫シリーズの第4弾カバー・アルバム「歌姫4 ―My Eggs Benedict―」もリリースされる。企画段階から明菜自ら参加し、選曲を含め基本的なコンセプトを「ラブソング」と設定。明菜は「楽曲的には70年代の後半から2000年代の名曲の中から私の心の中に残っている作品を選んできた」と言う。
明菜は現在も米国内に滞在中で、関係者によると既にオリジナルアルバムの制作に取りかかっているという。「今回の新曲やアルバム制作が刺激になってか創作意欲も旺盛」だそうで、周囲の期待も高まっている。

今春スタートの“LINE MUSIC”に期待、ライブ会場不足問題では“ホール拡充員会”設置…音制連新年会

FullSizeRender.jpg来年、設立30周年を迎える一般社団法人日本音楽制作者連盟(音制連)の新年懇親会「FMPJ NEW YEAR PARTY 2015」が、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルB2階「ボールルーム」で開催された。音制連は「貸レコード店」の出現をキッカケに設立された団体。現在の正会員数は228社、賛助会員数は70社にもなっている。この中で大石征裕理事長(マーヴェリック・ディー・シー代表)は次のように挨拶した。
「我が国のレコード産業はフィジカルとデジタルを合わせて前年比95%だったと言います。しかし、これからは定額制の配信サービスがスタート――特に今春からはLINE MUSICも本格的にスタートする予定です。LINEの特性である言葉の交流に音楽の潮流を促す意味でも、長らく続いていた右肩下がりの局面の打開になるものと期待しています。特にティーンエイジャーを始めとする多くの音楽ファンに定着してもらえればと思っています。
続いてライブ市場についてです。関係団体との合同調査によると09年から5年間連続で順調に推移しています。特に昨年は前年比で3%増と言う結果となりました。しかし、その一方でコンサート会場の不足は深刻になっています。特に2020年の東京五輪の準備もあり、ホールの建て替えや内装の工事などもあって不足し始めるのが現状です。そういった問題の打開を図ることを目的に音制連では先ごろホール拡充委員会を設立しました。菊地(哲榮)常務理事(ハンズオン・エンタテインメント代表)を中心に、今後は会場探しを行っていきたい。ぜひ、APCP(一般社団法人コンサートプロモーター図協会)を始めとする関連団体の協力はもちろんですが、関係機関への働きかけを行っていければと思っています。
また、昨年から始まったJAPAN NIGHTですが、本年は海外展開も積極的に図っていく方針で、ジャカルタ、台北、さらにはロンドンやパリで開催されるクールジャパンのイベント等にもJAPAN NIGHTの名称で出ていきたいと思っています。
最後に、音制連は権利の番人ではありますが、世界のトレンドを見ると、触れてもらわないと好きになってもらえないという論理もあります。そういった見地から既存の議論ばかりではなく、ぜひ利用促進も視野に入れていく方向性も打ち出していきたい。中でも海外に対しては前向きに取り組んでいきたい」。

一方、乾杯の音頭で壇上に立った一般社団法人日本レコード協会の斎藤正明会長(ビクターエンタテインメント代表)は
「新年会では景気のいい話をしたかったが、残念ながらパッケージの方は前年を割り込む結果になってしまった」と言いながらも「デジタルは5年ぶりに前年度を上回った」と語り、その上で
「大石理事長の言うように、いよいよスタートする定額聴き放題サービスが(再生への)突破口になるものと期待している。そういった中で特にハイレゾ配信が伸長しており、今後、大きな起爆剤になるのではないかと期待しています。と言うのも我々、音楽を作る側にとっては良質の音楽、クオリティーの高い音楽をリスナーに聴いてもらえる環境が出来つつあるわけで喜ばしく思っています。また、2月には協会加盟17社による新人アーティストのイベントも東京・渋谷のNHKホールで開催します。もはや分かれてやる時代は終わりました。JAPAN NIGHTも含め、これから共に手を携えてやっていきたい。ぜひ2015年は花を咲かせていきたいと思っています」。

警視庁麻布署か!? 国生さおりの元“仮面亭主”甲田英司氏が詐欺容疑で逮捕された?

13年9月に元おニャン子クラブでタレントの国生さゆりと離婚したコンサルティング会社社長・甲田英司氏が逮捕されたとの情報。もっとも、警視庁麻布署だとか、いや渋谷署じゃないかとか…どこの警察署で逮捕されたのかは確認が取れていないのだが…。事情通によると「すでに容疑は固まっていて3日前から逮捕状が出ていた」という。(20時の時点では警視庁からの発表はない。ただ、麻布署が濃厚である)
国生と甲田とは12年2月14日に電撃入籍し話題になった。ただ、以前から甲田は指定暴力団との関係が指摘されていて「逮捕歴があった」とも言われていた。
国生との結婚生活は僅か1年7ヶ月だったが、その間に「1回もSEXをしたことがなかったようだ」なんて、嘘か本当か分からないような情報もあった。いずれにしても、電撃入籍しても仮面夫婦だった?
もっとも最近は、タレントのはるな愛との関係も噂になったこともあったが、真相はいかに?
因みに今回の逮捕容疑は詐欺というが…。

“お騒がせ愛娘”あびる優の第一子の妊娠も空しく…父・阿比留隆仁氏が58歳の若さで死去

holiday-??????.jpg東京・麻布十番で「10BAN歯科」という歯医者を営んできた阿比留隆仁氏が心臓発作で12日に亡くなった。享年58歳。阿比留氏は、あの“お騒がせタレント姉妹”として芸能界を跋扈し続けたあびる優とあびる愛の父親。もっとも親子でお騒がせだったのだが…、ただ、優は格闘家の才賀紀左衛門と結婚、昨年12月22日には第一子の妊娠を発表したばかりだった。
阿比留氏は表情も豊か。人間的には実に面白そうな御仁だった。前述した通り阿比留氏は、麻布十番で「10BAN歯科」という歯科医院を経営していた。これが結構流行っていたらしく、院内には2〜3人の歯科医師がいた。診察は「基本的に予約」で「1日20人しか治療しない」と阿比留氏は言っていた。
ネットでは色々と書かれたり叩かれたりしていたが、歯科医師としてはしっかりしていて「腕は間違いない」というのが、その筋からの評判だったら。じゃ、その筋ってのは何だと言われそうだが。阿比留氏に治療してもらったという人によると「短期間で満足した治療をしてもらった」という証言を得ていた。因みに、阿比留氏はインプラントについても通常より「安くやる」と言っていた。「知り合いには名医もいますから…。大丈夫ですよ」とも。
阿比留氏は心臓に病があって大きな手術もしていたという。「心臓カテーテルの検査もやっていたようだ」と言う。

ゴネ得⁉︎ 罪を認めたASKAが懲役3年、執行猶予4年で、容疑を否認し続けた愛人は懲役2年、執行猶予3年の判決‼︎

どう考えてもおかしい判決だろう。歌手ASKAの不倫相手で、覚醒剤取締法違反に問われた栩内香澄美被告に東京地裁は懲役2年、執行猶予3年の判決を言い渡した。
罪を認め、謝罪をするなど反省をし続けてきたASKAは懲役3年、執行猶予4年である。事情はどうであれ最後の最後まで罪を認めず徹底的に否認し続けた栩内被告の方が刑が軽いなんて法治国家の判決じゃない。これじゃ徹底的に容疑を認めず否認し続け、反省も何もしない方がいいってことになる。要はゴネ得。
今回の判決の論理から言うなら、例えば酒井法子なんかの場合は徹底的に否認し、容疑を認めなかったら不起訴になるか、例え起訴されたとしても無罪にでなっていたかもしれない。
何故なら、第6回目の公判で検察側は、栩内被告の尿だけでなく、髪からも覚せい剤の成分が検出されたと指摘していた。だけど栩内被告は「(そんなことは)身に覚えがない」などと惚けて無罪を主張していた。その結果の判決が、これである。
いずれにしても、徹底的に口を割らなかった栩内被告、改めてパソナグループ代表の南部靖之氏から「愛い奴」と思われたに違いない。ま、少なくとも栩内被告は一生安泰だろう。あと裁判は、やっぱりバックが強力だと判決も違うってことか?

ニッポン放送とFM横浜が“横浜”をキーワードにコラボレーショ ン特別番組をサイマル同時生放送!

FullSizeRender.jpg
成人の日の12日。AM放送のニッポン放送とFM放送のFMヨコハマが昨年に続いて “横浜” をキーワードとしたコラボレーション特別番組「ニッポン放送×FMヨコハマ 横浜トヨペット エスクァイアpresents『DISCOVER ヨコハマ2015』」を共同制作。FMヨコハマの牙城ーーみなとみらい・クイーンズスクエア横浜1Fのクイーンズサークル特設ステージからサイマル同時生放送した。
番組パーソナリティはFMヨコハマの栗原治久とニッポン放送の新保友映アナ。ステージにはゲストとしてIMALUと美木良介が登場した。
そんな放送中、FMヨコハマの小室尚道常務とニッポン放送の瀬尾伊知郎営業戦略室長とが「今年も盛り上がった…」とか何とか言いながらグータッチ。オイオイ、2人で勝手に盛り上がってんじゃない!! と、間に割って入ってやった(^o^)ま、FMとAMとの連動企画は、これからの時代、どんどんやった方がいい。
因みに、番組はFM横浜が12時から16時までの4時間、ニッポン放送は13時から16時までの3時間にわたって公開生放送した。

5年4ヶ月ぶり復活作品。中森明菜の新曲&カバー・アルバム… EXILEやドリカムの作品にチャレンジ!!

今月21日に5年4ヶ月ぶりの新曲、その翌週28日にはアルバムの発売を予定している中森明菜。その発売を前にアルバム収録曲とジャケットが明らかになった。アルバムではEXILEやDREAMS COME TRUEの作品にもチャレンジしている。昨夏に発売のオールタイム・ベストアルバム2作品は既に30万枚を突破しており、この盛り上がりを新曲と最新アルバムに結び付けたいとしている――。
holiday-Rojo_A??.jpg
ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返してきたが昨年の「紅白」で4年3ヶ月ぶりに芸能界に復帰した。そういった中、1月21日には5年4ヶ月ぶりの新曲シングル「Rojo ―Tierra―」を発売、28日には歌姫シリーズの第4弾カバー・アルバム「歌姫4 ―My Eggs Benedict―」もリリースされる。
新曲の「Rojo」はスペイン語で「ロホ」と言い、日本意は「赤」、また、サブタイトルの「Tierra(ティエラ)」は「大地」を意味している。明菜の現在の意欲を示した新曲だそうで「明菜のボーカルを前面に出し、情熱的な作品に仕上げた」と制作担当者。サウンド的にはアフリカサウンドのダンスミュージックとなっている。
一方のアルバム。「明菜のボーカルを最大限に引き出せるもの」として、”歌姫シリーズ”の第4作目のカバー・アルバムとなった。企画段階から明菜自ら参加し、選曲を含め基本的なコンセプトを「ラブソング」と設定してきた。明菜は「楽曲的には70年代の後半から2000年代の名曲の中から私の心の中に残っている作品を選んでいきたい」と基本コンセプトを説明する。
収録曲では「愛のうた」(倖田來未)、「雪の華」(中島美嘉)、「長い間」(Kiroro)などを選曲していたが9日、収録全曲が明らかになった。それによると、EXILEの「Lovers Again」やDREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」、さらにはEvery Little Thingの「fragile」といった作品にもチャレンジしている。「Lovers Again」は、恋を手放した男の未練を歌っている作品。オリコンチャートでは1位を逃しているものの音楽配信では700万ダウンロードを記録しており、明菜のお気に入りの作品だと言う。
アルバムのジャケットについても明菜なりの拘りが…。
「食べ物でアルバムを表現するなら、対の盛り合わせがとても愛らしいエッグベネディクト」
と説明。収録曲について制作担当者は「原曲に引けを取らない、強い歌心が響き渡る明菜ワールド全開のラブソング集に仕上がっている」とアピールしていた。

昨夏に発売された初のオールタイム・ベストアルバム2作品がCDセールス低迷の中で、すでに30万枚を突破している。「紅白」出演後の反響も高く、今年に入ってからも発売のユニバーサルミュージックには受注が殺到しており営業担当者は「40万枚を目指したい」と鼻息も荒い。
同アルバムは明菜本人が全く登場しない中で、31年7ヶ月ぶりに2週連続2作品同時トップ10入りを果たすなど異例のセールスとなっている。それだけに、ベストアルバムの盛り上がりを今回の新曲と最新アルバムにも結び付けたいと意欲満々だ。
なお、プロモーションを含めた今後の活動に関しては「体調も考慮して改めて計画していきたい」と関係者は慎重な姿勢をとっている。明菜の活動再開は音楽業界にとっても大きな起爆剤になりそうだ。
image0005.jpg

image0004.jpg

■アルバム「歌姫4―My Eggs Benedict―」収録曲

1.スタンダード・ナンバー(南佳孝)
2.真夜中のドア(松原みき)
3.Lovers Again(EXILE)
4.長い間(Kiroro)
5.ハナミズキ(一青窈)
6.愛のうた(倖田來未)
7.fragile(Every Little Thing)
8.接吻(オリジナル・ラブ)
9.そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸)
10.やさしいキスをして(DREAMS COME TRUE)
11.雪の華(中島美嘉)

“業界の暴れん坊”、“芸能界の妖怪”の異名をもつ宮西渡サン…73歳を過ぎても意気軒高!!

IMG_3318.jpg業界の暴れん坊、あるいは妖怪との異名をもつ宮西渡サンが73歳を迎えた…と言うことで、東京・飯倉のレストラン、ブルーシャトーで囲む会「宮西会」。この店は、あのジャッキー吉川とブルーコメッツに因んだ店で生演奏がウリになっている。ま、レジェンドっぽい宮西サンのイメージにはピッタリの店である。
因みに、宮西サンは、かつて“グラビアの女王”と言われた嶋村かおりを世に出しスターダムに押し上げたことで知られる。現在は“Zプロモーション”というプロダクションの社長サンである。他にも、千葉真一のマネジメントをやっていたという未確認情報の?噂も…いずれにしても週刊誌やスポーツ紙などの編集者や記者、さらには先の衆議院選で落選して、今や“タダの人”となった御仁などなど何気に駆け付けていた。これも宮西サンの人柄なのだろう。しかし、芸能界は70歳を過ぎても元気な方が多い…
FullSizeRender.jpg